いつも二番目になる愛人体質とは? 愛人体質は変えられる

8月17日(金)17時0分 yummy!

本妻や本命の恋人になることができず、いつも二番目止まりの愛人体質の女性の特徴をご紹介します。不倫やセカンドを繰り返ししまう女性にはどういった特徴があるのでしょうか?

いつも二番目になる愛人体質の特徴1 褒め言葉・甘い言葉に弱い


愛人体質の女性に共通する一番の特徴は、褒め言葉や甘い言葉にとても弱いということです。誉め殺しされているうちに好きになってしまう人もいます。
ひとりの女性だけではなく、不倫や浮気をしたいと考える男子は野心家で、女慣れしているタイプが多く、どうやったら女性が落ちるのかを心得ています。豪華な食事に招待したり、特別なプレゼントを贈ったり、日常的に愛をささやくことで、女性の気持ちを惹きつけることをゲームのように楽しんでいる男性も多いのです。
愛人体質ではない女性であれば、「この人は口だけで、結局は私を二番目の女にしようとしている」と冷静に判断できるのですが、愛人体質の女性は、不誠実な行動をされても、甘い言葉の方を信用してしまうのです。

いつも二番目になる愛人体質の特徴2 許しなれていている


愛人体質の女性は、男性に対する許容範囲が広く、男性が約束を破っても、許すことになれています。
愛人体質ではない女性が、男性からの約束を反故にされ続けたら、怒って縁を切るでしょう。ですが、愛人体質の女性は、「仕方ない。今度だけは許してあげる」と男性を許してしまうのです。
そのため、「この子は、何をしても俺から離れていかないに違いない」と男性がつけあがってしまうことも多々あるのです。

いつも二番目になる愛人体質の特徴3 大人のずるい男性が好き


愛人体質の女性は、「愛人を作るようなずるい大人の男性」がタイプなのです。
愛人体質ではない女性なら、「妻(彼女)がいるのに、私に粉をかけてくるなんて気持ち悪い」と思ってしまうような相手でも、「すてき」と思えてしまうのが愛人体質の女性なのです。

さいごに 愛人体質を変える方法


今回は、愛人体質の女性の特徴を3つご紹介しました。
愛人体質は、変えられます。まずは、本命の彼女や妻がいる男性からのお誘いを断ることです。そして、許容範囲を狭めにし、許されないことをしたらきちんと怒りを表現しましょう。また、「その人の言葉ではなく行動を見る」ことも大切です。いくら甘い言葉をささやかれても、行動が伴わないようでは、お互いを大切にする関係は築くことができません。
愛人が一概に悪いポジションだとは思いません。「気軽に遊びたい人」「愛人ポジションになって金銭的援助が欲しい人」「二番目くらいが気楽でいい人」もいるでしょう。
ですが、愛人ポジションがつらいと感じているのに、何度も不倫相手、浮気相手になってしまう場合は、自分の行動を見直してみる必要があります。つらい恋愛とはサヨナラして、あなたのことを一番大切に思ってくれる人を見つけましょう。
(今来 今/ライター)

yummy!

「愛人」をもっと詳しく

「愛人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ