西野未姫、2連続で男子に選ばれず号泣「みんなの中にいるのも辛い」

8月18日(日)7時0分 AbemaTIMES

 AbemaTVにて、8月17日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』のact.2が放送され、女優の西野未姫の残酷な運命が反響を呼んだ。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の矢野聖人、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあを迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、高崎凌(以下:りょう/20歳)、西川俊介(以下:シュンスケ/25歳)、藤田富(以下:とむ/27歳)、山口大地(以下:ダイチ/31歳)、小泉遥(以下:こいはる/23歳)、後藤郁(以下:かおる/23歳)、詩島萌々(以下:もも/21歳)、西野未姫(以下:ミキ/20歳)、溝口恵(以下:めぐ/25歳)の男女9人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、9人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 今シーズンは男性が1名多かった前シーズンとはうって変わって、男性4名に対し、女性が5名と1人多く参加。前シーズンでは、くじ引きで5番目となってしまったメンバーはオーディションに参加することすらできなかったが、今回はルールを変更。最後に余ってしまった女性は、好きな男性を指名し、指名された男性はふたりの女性とペアを組み、稽古をすることとなった。

 第2話のペア決めは、男性から女性を指名して決めることに。りょうはももを、シュンスケはこいはるを、ダイチはめぐを、最後のとむはかおるを指名。誰からも選ばれなかったミキは、自ら男子を指名し、すでに決定したペアの間に割り込む形になってしまった。

 ミキは、「男性のなかで演技が一番上手だなって思って。短い時間でも稽古を一生懸命やってくれる方だと思って選びました」という理由でダイチを指名。前回のペア決め同様に、めぐとひとりの男性を巡る形で3人ペアとなった。

 第1話で、3人ペアの果てに男子から選ばれずにオーディションすら受けることができなくなってしまったミキは、再び“誰からも選ばれなかった”という状況に号泣。インタビューでは、「前回もオーディション受けれなくて、なのに今回も選ばれなくて…。みんなの中にいるのも辛いし、このあとの稽古とかも、すごいやりづらいし…」と涙を拭った。

 そんなダイチ&めぐ&ミキのペアは、課題デートでダイチの家へ。そこでミキは、再びめぐと3人ペアになったことに「前回も一緒だったから申し訳ないなって思った」と明かしつつも、「男子メンバーを見返したい。イメージを挽回したい」と意気込みを語る。

 ミキやめぐとの会話を通じて、ダイチもまた「当日顔を合わせて、お芝居をしてみて、そこで感覚で決めると思う」と、オーディションでどちらを選ぶかは当日決めることをふたりに告げた。

 そして、いよいよオーディション当日。ダイチがペアの相手に選んだのは、ミキではなくめぐだった。

 この選択には、めぐもミキも涙。2回連続でオーディションに出られないという残酷な現実を突きつけられたミキは、「これもう永遠に選ばれない気しかしない。演技の問題もあると思うんですけど、絶対それだけじゃない気がして。でもだからといって、ダイチくんに決め手はなんだったのか、気になるけど、現実的なことを言われる気がして、傷つくのが怖くて聞けない。誰も指名する勇気がないですね」と涙ながらに今後への不安を吐露した。

 ミキの辛すぎる状況にはスタジオメンバーも同情。「もう泣いちゃうよ、そりゃ」「泣く泣く…!」「ミキちゃんが壊れなければいいけど…」とミキのことを心配していた。
 

■番組情報
『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』act.2
番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1300_s1_p2

AbemaTIMES

「西野未姫」をもっと詳しく

「西野未姫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ