荒川渓谷でドキドキ体験!高さ57mを時速30キロで滑走

8月18日(日)11時0分 女性自身

話題のスポットやエンタメに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今週は、自然あふれる埼玉・秩父の荒川渓谷に今年初お目見えした施設がスリル満点と聞いて、友人と行ってきました。



■「秩父ジオグラビティパーク」埼玉県秩父市荒川贄川730-4



荒川に架かる長さ約100メートル、幅65センチのつり橋を、行きは歩いて渡り、帰りはワイヤにつり下がって急スピードで戻ってくるという重力系アクティビティです。



15歳以上、身長140センチ以上の健康な人であることが条件で、書類にサインし、ハーネス(命綱)を装着。施設内に入るときは、特殊な安全カラビナで常にワイヤとつながっているので安心ですが、橋の板と板の幅が思いのほか広くて、下が丸見え! 友人は余裕でスタスタ歩きますが、記者は足が震えて、一歩一歩へっぴり腰で進みます。後続の人が来ると橋が揺れるので、かなり怖い……。



途中、わざと割れた板もあってドキドキ。でも橋の真ん中からの眺めは最高で、天空を歩いている気分に。15分かかってなんとか渡り切りました。



帰りは、『キャニオンフライ』という名のジップラインで人間ロープウエーになって時速30キロの速さで、1人で滑走します。こちらは怖くてもたった20秒ほどで到着。挑戦をやり切った自分を褒めてあげたい気分になりました。



「ゆくゆくはキャニオンバンジーなどもオープンします」と、サイトマネージャーの小井土悠さん。恐怖倍増のキャニオンスイング(渓谷特大ブランコ)にも挑戦してみたいと感じた記者でした。

女性自身

「荒川」をもっと詳しく

「荒川」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ