生姜をおいしくたっぷり食べてからだぽかぽか!宮島醤油『岩下の新生姜鍋スープ』8/19新発売

8月19日(月)10時30分 @Press

岩下食品株式会社(本社:栃木県栃木市、代表取締役社長:岩下 和了、以下 岩下食品)と宮島醤油株式会社(本社:佐賀県唐津市、代表取締役社長:宮島 清一、以下 宮島醤油)は、岩下食品の代表商品「岩下の新生姜」のパウダーを使用した鍋用スープ『岩下の新生姜鍋スープ』をコラボレーションにより商品化、宮島醤油から2019年秋冬新製品として8月19日(月)に発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190860/LL_img_190860_1.jpg
「岩下の新生姜鍋スープ」商品パッケージ

生姜関連商品は、からだを温めて整える“温活”イメージから、年々、拡大しています(日経POS情報サービス)。からだ温め効果の高い食材として知られている生姜を、おいしく、たっぷりと食べられる新しい鍋スープとして、岩下の新生姜パウダー入りで生姜の香りをふんだんに楽しめる、とんこつ風の白湯鍋スープを共同開発しました。


■宮島醤油『岩下の新生姜鍋スープ』商品概要
岩下の新生姜パウダーとたっぷりの生姜の搾り汁を使用した、とんこつ風の白湯鍋スープ。とんこつの旨味のある味わいを生姜の爽やかな風味が引き立てます。ストレートタイプなので、忙しい日でも手軽に鍋料理を楽しめます。
仕上げに、斜めにスライスした岩下の新生姜をトッピング(追い生姜)すれば、シャキッとした食感とフレッシュな香りがプラスされ、さらにおいしくお召し上がりいただけます。

商品名 :岩下の新生姜鍋スープ
内容量 :600g
賞味期間 :1年
メーカー希望小売価格:400円(税抜き)
発売日 :2019年8月19日(月)
発売地区 :東日本(関西の一部を含む)
販路 :量販店などの調味料コーナー、青果コーナー

岩下の新生姜ミュージアム
https://shinshoga-museum.com/
岩下の新生姜ミュージアムショップin秋葉原
https://iwashita.co.jp/news/museumshop-in-akihabara/
岩下食品オンラインショップ
https://www.shinsyouga.com/
※岩下食品オンラインショップでの販売は8月19日(月)午前10時を予定
宮島醤油オンラインショップ
https://miyajima-soy.shop-pro.jp
※宮島醤油オンラインショップでの販売は9月2日(月)午前9時を予定

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/190860/img_190860_2.jpg
「岩下の新生姜鍋スープ」調理例

■『岩下の新生姜鍋スープ』を使ったおすすめレシピ「生姜餃子鍋」
『岩下の新生姜鍋スープ』を使ったおすすめの鍋は、「生姜餃子鍋」です。生姜入りの餃子(刻んだ岩下の新生姜をアンに混ぜて作る手作り生姜餃子はもちろん、市販の生姜餃子を使用しても)をメインの具材に、スライスした岩下の新生姜をトッピング(追い生姜)、鍋スープと合わせて生姜をトリプル使用。生姜が爽やかに香り、岩下の新生姜のシャキッとした食感が楽しい、おいしくて、ぽかぽか感満載のレシピです。

岩下の新生姜は、一般的な生姜と比べてやさしい辛味と爽やかな生姜の香りが特徴です。寒い季節にうれしい食材である生姜を、おいしく、たっぷり摂ることができ、心とからだをぽかぽかにするお手伝いをいたします。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/190860/img_190860_3.jpg
「生姜餃子鍋」調理例

■岩下の新生姜ミュージアム内のカフェに期間限定「ピンクの生姜餃子鍋」が登場
岩下の新生姜ミュージアム内のカフェ「CAFE NEW GINGER(カフェニュージンジャー)」に、岩下の新生姜入りのアンをピンクの皮で包んだ「豚きっき 生姜餃子」を使用した秋冬限定メニュー『ピンクのぽかぽか岩下の新生姜餃子鍋』が新登場。トッピングの岩下の新生姜はいつでものせ放題なので、お好きなだけたっぷりとお召し上がりいただけます。

岩下の新生姜ミュージアムは「岩下の新生姜」をテーマにした企業ミュージアムで、「CAFE NEW GINGER」では、すべてのメニューに岩下の新生姜を使用した新感覚メニューを提供しています。

メニュー名:ピンクのぽかぽか岩下の新生姜餃子鍋
価格 :780円(税込み)
提供期間 :2019年9月4日(水)〜終了時期未定

▼岩下の新生姜ミュージアム
https://shinshoga-museum.com/
▼CAFE NEW GINGER
https://shinshoga-museum.com/cafe-newginger
▼岩下の新生姜×宇都宮餃子 豚きっき 生姜餃子
https://iwashita.co.jp/news/160810_shogagyoza/

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/190860/img_190860_4.jpg
ピンクのぽかぽか岩下の新生姜餃子鍋

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/190860/img_190860_5.jpg
「豚きっき 生姜餃子」商品パッケージ

■「岩下の新生姜」とは
岩下の新生姜は、やさしい辛味、爽やかな香り、シャキシャキッとした歯切れの良さが特長のさっぱりとした味わいの生姜の酢漬。台湾のみで丹念に育てられる本島姜(ペンタオジャン)という特別な生姜を使用した、岩下食品のオリジナル商品です。土掛けを繰り返す独特な栽培方法により細長く、みずみずしく、爽やかな風味が楽しめます。

斜めにスライスしたり、細いものはそのまま丸かじりしたり。ごはんのおとも、お酒のおつまみに、また、ヘルシーなおやつとしてもおすすめです。千切りやみじん切りなど用途に合わせて刻めば、料理素材としても大活躍。辛味がやさしく、甘味のない味付けはいろいろな料理に使いやすく、寒くなるこれからの季節、さまざまな形で毎日の食卓に手軽にご利用いただけます。

岩下の新生姜に含まれるショウガ由来ポリフェノールは、寒い季節や冷房条件下において末梢(手の指先)の体温を維持する機能があることが報告されており、岩下の新生姜は機能性表示食品として受理されています。(届出番号:D662)

▼「岩下の新生姜」商品情報|岩下食品
https://iwashita.co.jp/products/shinshoga/index.html
▼「岩下の新生姜」の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)|消費者庁
https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=41905300080200

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/190860/img_190860_6.jpg
「岩下の新生姜」商品パッケージ
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/190860/img_190860_7.jpg
「岩下の新生姜」盛付例

■一般の方からの『岩下の新生姜鍋スープ』に関するお問い合わせ先
宮島醤油株式会社
TEL : 0120-836-101
受付時間: 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)


■岩下食品株式会社 概要
名称 : 岩下食品株式会社
代表者 : 代表取締役社長 岩下 和了(いわした かずのり)
本社所在地: 〒328-8555 栃木県栃木市沼和田町23-5
創業 : 1899年(明治32年) ※2019年に創業120周年を迎えました。
設立 : 1955年(昭和30年)
事業内容 : 食品の製造・販売・開発
資本金 : 9,800万円
従業員数 : 220名(2019年2月1日現在)
URL : https://iwashita.co.jp/


■宮島醤油株式会社 概要
名称 : 宮島醤油株式会社
代表者 : 代表取締役社長 宮島 清一(みやじま せいいち)
本社所在地: 〒847-0062 佐賀県唐津市船宮町2318番地
創業 : 1882年(明治15年)
設立 : 1950年(昭和25年)
事業内容 : 各種調味料・加工食品類の製造・販売
資本金 : 4,500万円
従業員数 : 689名(2019年1月1日現在)
URL : https://www.miyajima-soy.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「宮島」をもっと詳しく

「宮島」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ