今すぐ”めんどくさい彼女”は卒業!「疲れた」と言わせないための自分改革

8月19日(月)17時0分 ハウコレ





彼氏に「疲れた」といわれてしまった経験は、人生において一度くらいあるのではないでしょうか。自分はそんなつもりがなくても、彼氏にとっては「めんどくさい彼女」になっている可能性があるんです。


彼女に疲れてしまうと、別れを切り出してくる男性も少なくありません・・・。大好きな彼を手放したくないなら、今すぐめんどくさい彼女を脱却しましょう!


今回は、彼氏に疲れたと言わせないステキな彼女になるための方法をご紹介します。


■彼から「疲れたから距離を置きたい」と言われたら・・・







大好きな彼から突然「疲れたから距離を置きたい」と言われたら、びっくりしますよね。でも、彼にとっては「突然」ではない可能性が高いんです。つもりにつもった不満が、そう言わせてしまったのかもしれません。


もし突然彼から「疲れたから距離を置きたい」と言われたら、まずは素直に受け入れてあげましょう。あなたに対して疲れたと感じてしまっている以上、少し距離を置いて冷静に考えられる時間が必要です。


距離を置くことになったらあなたからは特に連絡せず、彼から連絡がくるのを待ちましょう。その間、あなた自身も彼女としてのあり方などを見つめ直してみてください。ただ、もしその期間に「別れたい」と振られてしまったら、次のことを試してみましょう。


■「疲れた」と振られた。けど、復縁したい!





■彼に「疲れた」で振られた原因をしっかり考えて受け入れる

彼から突然「疲れたから別れたい」「疲れたから距離を置きたい」そう言われてしまったら、どうしたらいいか分からなくなりますよね。「私はこんなに好きなのに、どうして振られたの!?」そう思ってしまうはず。


ただ、彼が疲れたと感じてしまったのには、確実に彼女側であるあなたに理由があります。


彼が疲れた理由を直接言ってくれたらまだ改善の余地がありますが、言ってくれない場合は自分で原因を探さなければいけないので大変です。


男性が彼女に対して疲れたと感じる理由はいくつかありますが、大まかに
・束縛が激しい
・言わなくてもわかってよという態度
・自分中心的な行動
などが考えられます。


LINEは頻繁に送りすぎていませんでしたか?喧嘩したとき、黙って不機嫌になるなどしていませんでしたか?デート中、彼に気を遣わせるようなことをしたり言ったりしていませんでしたか?ぜひ、今までの言動を見つめ直してみてください。





■疲れさせた原因を直さなければ復縁は不可能!

原因が洗い出せたら、それを少しずつ改善できるようにしていきましょう。さきほどあげた内容で考えてみると、下記のように対処できます。


束縛が重かった可能性が高い場合:相手を信用する、連絡は頻繁にしない・求めない


態度が原因かもしれない場合:気持ちはストレートに伝えるようにする


自己中心的な行動が原因の場合:周りのことを見て自分の気持ちだけを優先せず行動する


など、彼と付き合っていなくてもできることはたくさんあります。


はっきり言いますが、これらを少しずつ直していかないと彼との復縁は難しいです。「なんで振られたの!?」と悲しむだけでは、彼が正直に「疲れた」と伝えてきてくれた意味がありません。まずは自分の行動を見直してみることが大切です。





■しつこすぎない程度に連絡をしてみる

自分と向き合えたら、次は彼と向き合うために連絡をしてみましょう。


別れた彼との復縁を望んでいるときに注意したいのは、毎日のように連絡をしてしまうこと。彼は、彼女との関係に疲れたから別れる決断をしました。


それなのに毎日連絡をしてしまえば付き合っていた時と変わらない状況にうんざりし、復縁を考えることすらないまま連絡が途絶える可能性があります。


特に連絡をマメにしたくない男性の場合、毎日LINEがくるだけで鬱陶しく感じてしまうので、絶対にやめた方がいいです。


復縁したいなら、彼と距離をほどよく保ちながら心の距離を縮めていくのがおすすめ。しつこすぎない程度に連絡をしつつ、前の自分とは違うこともアピールしてみてください。





■タイミングを見て気持ちを伝えてみる

復縁をしたいなら、焦りは禁物。彼と少しずつ距離を縮められてきたと感じた段階で、タイミングを見て復縁したいと考えていることを伝えてみましょう。ほどよい距離感で接することができていれば、彼の中であなたへの見方が変わっているはずです。


気持ちを伝える時に話すべき内容としては、
・別れる前の言動を反省していること
・好きだから、もう一度ちゃんと付き合いたいこと
の2つ。


別れる原因になった言動についてはしっかり謝って、もう二度と同じ気持ちにさせない・繰り返さないことを伝えましょう。そして、「好きだから」復縁したくて、「好きだから」反省したことをしっかり伝えてください。正直な気持ちがあれば、彼の心を取り戻せるはずです。


■二度と彼氏に疲れたと言わせないための自分改革①





■黙って不機嫌になったりネガティブになったりしない

女性は自分の気持ちをうまく伝えるのが苦手な面があり、不満に思っていることや嫌な思いをしたことを隠しがちです。だまって不機嫌になってしまうのは、じつは彼氏を疲れさせてしまう一番の原因。また、「どうせ私なんか・・・」とネガティブになるのもできれば避けたいところです。


最初こそ「突然不機嫌になった。どうしたんだろう。大丈夫?」と心配したり謝ってくれたりしてくれるかもしれません。しかし、これが何度も繰り返し起こると「めんどくさい彼女だなぁ」と思われてしまいます。


もちろん不機嫌になったりネガティブになったりすることは、誰にでもあります。特に生理前などは、気分が落ち込んでしまいますよね。ここで覚えておきたいのは、「黙って」そういう状態になってしまう点です。



■理由はできるだけしっかり説明する

ここでの対策としては、理由をできるだけ説明するということ。不機嫌になるのもネガティブになるのも、何か理由があるはずです。それをしっかり彼氏に伝えるようにしましょう。


生理前のPMSなどでネガティブになる期間がある人の場合は、「こういう時期があるからそっとしておいてくれると嬉しいな」など、柔らかく伝えてみてください。


彼の言動が気になって嫌な気持ちになった場合は「さっきの〇〇が嫌だったから、直してほしいな」など、とにかく素直に気持ちをぶつけてみましょう。


なるべく喧嘩にならないのがもちろんいいのですが、そこで喧嘩になったとしてもネガティブに考える必要はありませんよ。二人が超えるべき壁の前にいるだけですから、ちゃんと話し合って解決できれば二人の仲はより深まるはずです!


■二度と彼氏に疲れたと言わせないための自分改革②





■自分の時間を楽しんで!束縛はしない

自分の行動を振り返ってみてください。彼に対して、束縛するような言葉や行動をとっていませんか?たとえばLINEを数分おきに送ってしまう、彼のケータイをチェックしてしまう・・・。


大半の男性は、束縛されるのを嫌います。先ほど挙げたような行動は、彼女に対して「疲れた」と感じてしまう要因となってしまうのです。


そういった束縛ともとれるような行動をするのではなく、一人の時間はひとりを楽しむ工夫をしてみましょう。


本を読む、カフェに行く、散歩してみる、メイクの勉強をしてみる・・・ひとりでできることはたくさんあります。ひとりの時間を楽しめるようになると、彼がどこで何をしていたとしても自分に熱中することがあるため気にならなくなりますよ。






■一人でいるのが苦手な場合は友達に頼ってみても◎

なかには一人でいるのが苦手な方もいるかもしれません。そんなときは友達を頼ってみるのもおすすめです。友達とカフェに行く、カラオケに行く、お家に呼んで女子会をするなど、友達が一緒にいるだけでできることはたくさん増えます。


毎回頼るのはおすすめできませんが、きっと快く出かけてくれるはずです。また、普段彼氏とのデートを優先している場合、友達が寂しい思いをしている可能性も・・・。友達との時間も大切にすることで、バランスのとれた付き合い方ができます。


彼氏も、自分ばかりと遊んでいるわけではない彼女の姿を見れば、意識が変わるかもしれません。彼女に対して疲れたと感じている彼のことは、少し距離を置いてそっとしておいてあげるのがおすすめですよ。


■まとめ





恋愛において、「悲しい」「寂しい」「楽しい」「嬉しい」などの感情は、ストレートに伝えた方が関係がうまくいきやすい傾向にあります。恋人同士とはいえ、結局は赤の他人。そのときの感情は素直に伝えて、うまくコミュニケーションをとっていきましょう。


ただ、「寂しい」「悲しい」などネガティブな気持ちだけを頻繁に伝えてしまうのはよくありませんので、注意してくださいね。


疲れたと振られたり距離を置かれたりしてしまったけど、彼女としてもう一度彼のそばにいたいと願うなら、これまでの自分の行動を思い返してみましょう。


失って初めて彼の存在の大きさに気づくこともあるはず。それに気づけたら、きっと次はいい関係が築けるようになるでしょう。この記事が少しでも参考になり、復縁できることを祈っています!(yukina/ライター)




(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「めんどくさい」をもっと詳しく

「めんどくさい」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ