「イクメン」という言葉の印象は? 子育て世代の女性は抵抗感も

8月19日(月)9時1分 しらべぇ

(Masaru123/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2010年の新語・流行語大賞のトップテン入りも果たした、「イクメン」。子だくさんで知られるタレントのつるの剛士が受賞したが、もともとは「イクメンクラブ」という団体が生み出したもの。

2008年、同団体が「育児するいい男を、イクメンと呼ぼう」というキャッチフレーズを発表し、その後一気に市民権を得た。

今年6月に厚生労働省が発表した内容によると、男性の育児休暇取得率は6年連続で上昇中。2018年度には昨年度から1.02ポイント上がり、6.16%の男性が育児休暇を取得している。こうした状況の中、「イクメン」というワードはどの程度まで受け入れられているのだろうか。


■7割は抵抗ナシ

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、「イクメンという言葉に抵抗がある」人は、全体の27.0%という結果に。7割以上の人が「イクメン」に抵抗を感じておらず、好意的に受け取っているようだ。

イクメン

なお男女別では、男性は26.5%、女性は27.4%が「イクメンという言葉に抵抗を感じる」と答えており、大きな差は見られない。


関連記事:ギャル曽根「イクメンって言葉が嫌い」と不満 「めっちゃわかる」と共感相次ぐ

■30〜40代はやや懐疑的?

しかし年代ごとの回答を見ると、バラつきのある結果となっている。一番抵抗を感じているのは30代女性で、33.3%。次いで多いのは40代男性で、33.1%が抵抗感を示していた。

イクメン

男女ともに10代、20代と比べて30代以降から「イクメン」に抵抗を覚える人が増えているようだ。実際に出産・育児を経験した年代になると、違った響きで聞こえてくるのかもしれない。


■地域差を見ると…

エリアごとの回答を見ると、北海道や東北地方では3割以上の人が抵抗を感じている。もっとも低い北陸地方とは、15ポイント近く差が開く結果となった。

イクメン流行語としては抵抗があったとしても、女性の社会進出などのためにも欠かせない「男性の育児参加」。すべての父親が当たり前のようにイクメンである未来が待ち遠しい。


・合わせて読みたい→男児の女湯入浴・女児の男湯入浴についてどう思う? 職業によって見解に差も


(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日

対象:全国10代〜60代の男女1721名 (有効回答数)

しらべぇ

「イクメン」をもっと詳しく

「イクメン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ