ダマされないで! 口がうまいだけの男の特徴

8月19日(月)7時30分 yummy!

こんにちは、蓮見ハルです。
話術に長けている人って、それだけでも魅力的に見えます。
しかもこちらの言いたいこともうまく引き出してくれたりして、会話も楽しかったりしますよね。
でも、油断は禁物です。
口がうまいだけの男性も世の中にはいるということを忘れてはいけません。
今回は、口がうまいだけの男性の特徴をいくつか見ていきたいと思います。

いつもは人当たりがいいのに時折一瞬だけ表情がくもる


口がうまい男性は、たいてい表では社交的に振舞っていますから、人前では気さくに話し、人当たりもよいのですが、ふとした瞬間に、冷たい表情を浮かべたり、たまに表情がくもることがあるようなら、どんな時にそんな表情をするのか気を付けて観察してみてください。
それがもし、彼にとって不都合な質問がなされた時などであれば、彼は実際はキレやすい要素があるのかもしれません。
普段から穏やかな人であれば、表情に出すこともないのでしょうが、口先だけで人当たりがよさそうに振舞っている場合には、ところどころにほころびが出てきてしまうのです。

いかにも成功しているように振舞っているのに不自然な箇所がある


長く付き合っているのでなければ、いくらだって嘘をつこうと思えばつけるものです。
実際に嘘で身をかためている人がいるなんて思いたくはないですが、そういう人が世の中に何割かいることも事実です。
口先では自分が成功者であるかのように数々の武勇伝を披露する人がいますが、実際はかなり誇張したエピソードであったり、全くのでたらめであったり……。
人が本当でないことを語る時、どこかに違和感があるものです。
彼の言動だけでなく、彼の身に着けているものや普段行くお店など、それとなく気を付けて観察しておくことで、その違和感の原因にたどり着くことができるかもしれません。

知ったかぶりが多い


口がうまい人は、自分が知らないことがあると周りに思われるのを嫌う傾向にあるようです。
知らないことは知らないと言ってしまったほうが、実際には会話も弾みますし、相手との関係を縮めるチャンスにもなるのですが、口がうまいだけの男性は、知らないことがあるということは、自分にとってのマイナス評価につながると考えてしまうようです。
知らないことに対しても、適当に相槌を打ち、周りに合わせようとするため、どうしてもおかしな部分が出てきます。
いつもは饒舌なのに、歯切れの悪い返事をしたり、会話にあまり積極的に入ってこなかったり。
また、知ったかぶりで話した内容の中には、明らかに間違っている部分がありこともあります。
相手から間違いを指摘されたとしても、口がうまい男性は
「あー、そうだったかなぁ」
と笑ってその場を取り繕うでしょう。

おわりに


今回は、口がうまいだけの男性の特徴を見てきましたが、いかがでしたか。
会話がうまいということは長所でもありますが、それが中身を伴わない場合もありますので、初対面など関係の浅い時には特に気を付けて男性と接することも大切かもしれませんね。
(蓮見ハル/ライター)

yummy!

「特徴」をもっと詳しく

「特徴」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ