大阪・枚方市「マイカタちゃいます。でも...」 開き直りのユニーク作戦

8月20日(日)11時0分 Jタウンネット


難読地名の定番ネタとなっているのが、大阪府枚方(ひらかた)市。遊園地の「ひらかたパーク」でも知られる地域だ。


2017年8月、「マイカタ」と読み間違えられやすいことを逆手にとったユニークな定住促進PRキャンペーンが、大阪市内で展開され、話題となっている。


「......マイカタでもいい」、本当に?



京阪京橋駅中央改札前のデジタルサイネージは、約15秒の動画で「マイカタちゃいます」からスタートするが、「でも、住んでくれるなら......マイカタでもいい」という自虐的なオチがつく。PR大使の川崎麻世さんや森脇健児さんらも登場する。



大阪駅北側ルクア前のデジタルサイネージも同様に、「マイカタちゃいます」から「マイカタでもいい」という約15秒の動画が流れる。



またインターネット上には、定住促進サイトを新設しているが、伏見隆市長自ら「本当の枚方を知って、住んでくれるなら、もう『マイカタ』と呼ばれてもいいです」と宣言している。


枚方市の人口は大阪府内4番目の約40万人だが、2009年をピークに減少傾向にあるという。この8月1日、市制70周年の節目を迎えた枚方市は、定住促進と人口増加に向け、この定住促進キャンペーンをスタートさせたようだ。


ツイッターには、このPRキャンペーンに関して、さまざまな反響が届いている。


枚方市が「住んでくれるなら、マイカタでもいい。」をキャッチコピーにした定住促進サイトをつくったみたい。他市との比較するランキングも:枚方つーしん https://t.co/5L0uadnCxH pic.twitter.com/aF6xcBPETQ
- 枚方つーしん (@hira2shin) 2017年8月8日

地元・枚方市に特化したローカル情報サイトとして知られる『枚方つーしん』(通称:ひらつー)の公式アカウントからも告知されている。


まいかた pic.twitter.com/LDCkGTuCm8
- もりぞー@BBQ余韻 (@morizo41) 2017年8月17日

歓迎する声も少なくないが......。


広告「マイカタちゃいます、枚方(ヒラカタ)です。でも、住んでくれるならマイカタでもいいです。」
広告を見た私「よくない」
- 瞬 (@titonia63_2) 2017年8月16日

「よくない」と言う人もいる。「マイカタでもいいとか意味わからんやろ!?」と怒っている。


「注目されないと意味がない」と、最後は「住んでくれるならマイカタでもいい」という自虐的なオチにしている。
まいかたって読んで良いですかか?((((
- 風見 (@nagamorikadoru) 2017年8月18日

「まいかたって読んで良いですか?」と恐る恐る確認する人も......。やや複雑な反応だ。


ところで人口40万人もいて、定住促進キャンペーンとは? なんともうらやましいと感じる地方自治体も、全国には多いかもしれない。

Jタウンネット

「枚方市」をもっと詳しく

「枚方市」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ