ミニストップの100円おにぎりは本当にお得? セブンと比べた結果

8月20日(火)10時30分 しらべぇ

7月2日から、ミニストップが全国の店舗で単品おにぎりを常時100円で販売している。一部スーパーでは100円未満の金額でおにぎりが売られているが、コンビニで常時100円という価格設定は、他店と比べても相当安い。


■ネットでは評判が良い

ネット上の評判をTwitterで見ても、おにぎり100円には好意的なコメントをするユーザーが多い。そこまで評判がいいなら、ミニストップのおにぎりは他のコンビニおにぎりと比べても遜色ないクオリティなのだろうか?


関連記事:韓国ミニストップと松屋がコラボした『牛めし』が激売れ! 「2日目の味」を完全再現

■セブンとミニストップを比較

比較するために購入したのは、セブンイレブンの紅しゃけおにぎり(140円)と、ミニストップの紅しゃけおにぎり(100円)。セブンイレブンのほうが40円ほど高いため、味もボリュームも食べてすぐわかる差が欲しいところだ。

■成分を見ると…

まず成分を見ると、ミニストップのおにぎりは176キロカロリー、たんぱく質4.6グラム、炭水化物35.4グラム。

セブンイレブンは183キロカロリーにたんぱく質4.7グラム、炭水化物38.7グラムと、ミニストップのおにぎりより少しずつ数値が高い。


■重さはほぼ変わらず

グラムで計るとミニストップのおにぎりが108グラムなのに対し…

セブンイレブンのおにぎりは110グラム。重量にほとんど差は無かった。


■具の量もあまり変わらず

ならば具の量に違いがあるのでは? と思ったのでシャケだけ計ると、ミニストップは7グラム。

セブンイレブンは…あ、あれっ!? なぜか4グラムしかない。ただ、もしかするとごはんに大量にくっついてしまったため、若干の誤差はありそうだ。

■価格差ほどの違いは感じられない

割ってみたときの写真を見ると、ミニストップ(左)とセブンイレブン(右)の具の量の差は見た目ではほぼない。

また、味についてもセブンイレブンの方が40円分ウマい! となるワケでもなく、正直言って互角レベルの美味しさだと感じた。


■ミニストップのおにぎりは高コスパ

セブンイレブンの140円おにぎりとミニストップの100円おにぎりは、価格差ほど味や量の違いが感じられず、ミニストップのほうがはるかにお得という結論に。

コスパ最強のミニストップおにぎり、節約したい人には強い味方になるかも。毎日おにぎりを食べる人はぜひ一度違いを確かめてほしい。


・合わせて読みたい→有吉、他人の母が握ったおにぎりNG でも「東京駅の便座は舐められる」


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



しらべぇ

「おにぎり」をもっと詳しく

「おにぎり」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ