「マクド」が愛称に決定 11府県のみの少数派に「マック」軍は敗北

8月21日(月)16時35分 BIGLOBEニュース編集部

マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!

写真を拡大

日本マクドナルドは21日、愛称を決める企画「マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!」の結果、「マクド」が勝利したと発表した。この結果を受け、マクド軍の代表バーガー「大阪ビーフカツバーガー」と「大阪ビーフカツマフィン」の“優勝セール!クーポン”を8月22日から配信する。


「マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!」では、マクドナルドの愛称をかけて、マック軍の「東京ローストビーフバーガー」とマクド軍の「大阪ビーフカツバーガー」を代表バーガーに両軍それぞれの応援メニューを加えておいさで対決。商品名のツイート数とリツイート数で競った結果、マクド軍が51%を獲得し勝利した。


マクドナルドは、マクド軍の勝利を祝し“優勝セール!クーポン”を8月22日から配信。5時からは「大阪ビーフカツマフィン」単品を50円割り引くクーポン、10時30分からは「大阪ビーフカツバーガー」単品を90円・バリューセットを140円割り引くクーポンをマクドナルド公式アプリと公式Twitterアカウントで配信する。


さらに、「マクド」を愛称とする地域が関西圏中心の11府県のみの少数派であることから、特別企画としてホームページの一部を8月22日11時から期間限定で「マクド」仕様に変更する。どこが“マクド化”されるかは、公開されたサイトを見てのお楽しみとなっている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マクドナルドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ