『南蛮海老ソフトクリーム』が何だかスゴイ えび煎餅+えびの味噌汁の素+えび丸ごと2尾トッピング!

8月21日(月)13時0分 おたくま経済新聞


越後魚沼の名産品・日本海鮮魚の販売と越後郷土料理を提供する「雪国観光センター 魚野の里」(新潟県南魚沼市姥島新田699)が、名物ご当地ソフトクリーム第三弾として、南蛮えび煎餅+南蛮えびの味噌汁の素+えび丸ごと2尾をトッピングした『南蛮海老ソフトクリーム』(1個350円/税込)を2017年8月11日(金)に発売しました。

どんな味がするのか想像もつきませんが、限定数はなしで材料が無くなり次第終了となるそうです。



魚野の里では、新潟の名物笹団子をモチーフにした「元祖笹団子ソフトクリーム」や、いなごの甘露煮をトッピングした「あぜ道ソフトクリーム」など、新潟でしか食べられないご当地ソフトクリームを発売してきました。

そして今回、第三弾として「ここでしか食べられない!新潟ならではのソフトクリーム」をコンセプトに、考案したソフトクリームが『南蛮海老ソフトクリーム』です。

南蛮えびを丸ごと粉末にし、地元の味噌と混ぜ合わせた新潟限定の「南蛮えびの味噌汁の素」を濃厚な「生乳バニラソフトクリーム」にかけ、その上に「南蛮えび煎餅」1枚と、寒風干しにした甘海老を丸ごと2尾トッピング! 



えび味噌と生乳バニラで食べる、次に寒風干し甘海老にバニラを付けて食べる、最後に南蛮えび煎餅をディップで食べる、といった一度で三種類の食べ方ができます(※ 寒風干し甘海老を+50円で1匹追加も可能です)。

えび味噌の塩辛さと寒風干し甘海老の風味はもちろん、生乳バニラの濃厚な甘味が絶妙なバランスとなり、さらに寒風干し甘海老の香ばしさも加わった、ついつい一口二口と食べてしまうソフトクリームとのことですが……果たして実際は? 違う意味でのインスタ映えは間違いなくしそうです。気になる方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(大路実歩子 / 画像提供・株式会社 雪国リゾートインフォメーション)

おたくま経済新聞

「味噌」をもっと詳しく

「味噌」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ