大学含む20チーム出場「鳥人間コンテスト2018」TV放送は8/29夜7時

8月21日(火)10時15分 リセマム

第41回鳥人間コンテスト2018

写真を拡大

第41回鳥人間コンテスト2018が、2018年8月29日午後7時より読売テレビ・日本テレビ系全国ネットで放送される。大会が開催された7月28日、29日には台風12号が列島に接近し、その影響で大会2日目となる29日の競技は開催中止となった。

 鳥人間コンテストは、自作人力飛行機による飛行距離および飛行時間を競う大会。41回目を迎える今回は、滋賀県彦根市の琵琶湖東岸の滋賀県彦根市松原水泳場を舞台に、7月28日に「滑空機部門」を、7月29日に「人力プロペラ機部門」を実施予定だったが、台風12号の影響により「人力プロペラ機部門」の開催は中止となった。

 滑空機部門には、出場回数36回を数える「九州大学・鳥人間チーム」や「首都大学東京・MaPPL(出場回数23回)」など20チームが出場。人力プロペラ機部門では、人力プロペラ機ディスタンス部門で学生の歴代ランキング1位・2位の記録を持つ「東北大学・Windnauts(同20回)」や「日本大学・理工学部航空研究会(同38回)など12チームが出場を予定していたが、天候に左右され部門不成立に。番組公式Facebookによると、「波乱の闘い」が繰り広げられたという。

 また、今回はVRヘッドセット「Oculus Go」の専用アプリ「鳥人間コンテストVR」も無料配信されている。「会場紹介編」「滑空機編」など4本の360度動画を視聴することができ、パイロット目線も360度動画で体感できる。アプリはOculusストアより無料でダウンロードできる。

リセマム

「鳥人間コンテスト」をもっと詳しく

「鳥人間コンテスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ