「彼氏が年下」だと意外に交際が長続きする理由9パターン

8月21日(火)7時0分 スゴレン

「彼氏が年下」だと意外に交際が長続きする理由9パターン

写真を拡大

「同い年や年上より、年下の彼氏のほうが付き合いやすい」と考える女性は、意外と多いようです。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性へのアンケートを参考に、「『彼氏が年下』だと意外に交際が長続きする理由」をご紹介します。

【1】多少の欠点も「幼い」と思えば腹が立たないから

「相手が年上なら許せないけど、年下男性のワガママや自己中は、むしろカワイイ(笑)」(20代女性)というように、同じ欠点でも年下の彼氏の場合は、好意的に受け取ってもらえることが多いようです。とはいえ限度はあるので、年上の彼女と付き合っている男性は、甘えすぎないように気を付けましょう。


【2】愛情表現がストレートで、素直に甘えてくれるから

「ニコニコしながら『大好き』と言ってくれるから、いつもラブラブです」(20代女性)というように、年下の彼氏ならではのてらいのない愛情表現が、女性の母性本能をくすぐるケースです。年齢差を気にして背伸びするより、素直な気持ちを出したほうがうまくいくのかもしれません。


【3】相手が年下だと、思ったことを言いやすいから

「年上彼氏には文句を言いづらかったけど、年下だと気軽に指摘できる」(10代女性)というように、彼氏が年下だと言いたいことを我慢せずに済むと考える人もいます。彼女の不満を的確に把握できることで、交際も長続きしそうです。


【4】意見が合わなくても「若いなぁ」と受け流せるから

「たまに衝突しても、まだ子どもなんだし長い目で見ようという気になる」(20代女性)というように、お互いの価値観のズレも歳の差ゆえと考えれば、穏便にやり過ごせるようです。大げんかに発展しないのはよいことですが、受け止めてくれる彼女への感謝を忘れないようにしましょう。


【5】お互いに肩肘張らないので、気楽な関係が築けるから

「お互いに素というか『男らしく』『女らしく』と考えない感じが心地よい」(20代女性)というように、彼氏が年下だと、男女の役割分担に囚われず、自然体でいやすいのかもしれません。年齢差が大きい場合、女性に「しっかり者」の役割を求めすぎないよう気を付けましょう。


【6】仕事や人生について、偉そうに説教されることがないから

「いくら彼氏でも仕事に口出しされるとカチンと来る。年下の彼氏は、余計なことを言わないのがいい」(20代女性)というように、年下ならではの控えめな姿勢が望ましいとする意見です。アドバイスする場合は「こうしたらどうかな?」などと提案風に言ってはいかがでしょうか。


【7】結婚や将来設計について、真剣に考える必要がないから

「相手もまだ結婚願望なんてないだろうし、その分気楽に付き合える」(20代女性)というように、将来を考えずにいられる気軽さをメリットに挙げる人もいます。ただし逆のケースも大いにあり得るので、折に触れて彼女の意向を確認したほうがいいでしょう。


【8】社会経験が少ない分無邪気で、心が洗われる気がするから

「仕事でミスしたとき、『謝れば分かってくれるよ』と笑顔で励まされて…。そんな簡単な話じゃないけど救われました」(20代女性)というように、年下彼氏の純粋さが、女性に癒しを与えることもあるようです。とはいえ、あまりに的外れな口出しはご法度でしょう。


【9】自分が主導権を握れるため、精神的な余裕ができるから

「相手に気を遣うのは疲れる。自分がリードするほうがいい」(20代女性)というように、仕切りたがり屋の女性には、自分が主導権を握れる年下の彼氏が合っているのかもしれません。普段は彼女を立ててあげるようにすれば、いい関係が長続きするでしょう。


彼氏が年下の場合、お互いにヘンに背伸びせずにいられる点が、大きな利点と言えそうです。彼女をリードする力や男らしさも大切ですが、あまり力まず素直でいたほうが、関係は安定するのではないでしょうか。(さのちあき/Office Ti+)

スゴレン

「交際」をもっと詳しく

「交際」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ