【台風20号】8/23午後に西日本上陸の恐れ、19号とのダブル台風に警戒

8月22日(水)18時15分 リセマム

台風20号の台風経路図

写真を拡大

非常に強い台風20号は2018年8月23日午後、西日本にかなり接近し、上陸する恐れがある。24日朝には日本海西部に達し、25日には北海道に近づくと予想されている。台風19号の影響もあり、四国や近畿、東海地方では大雨に警戒が必要だ。

 気象庁によると、台風20号(シマロン)は8月22日午後3時現在、父島の南西約380キロを1時間におよそ30キロの速さで北西へ進んでいる。今後も発達しながら北上し、8月23日に四国の南を北上、23日午後に少なくとも強い勢力を保ったまま西日本にかなり接近し、上陸する見込み。24日朝には日本海西部に達し、25日には北海道に近づくという。

 台風19号(ソーリック)の影響で8月22日現在、紀伊半島から九州の太平洋側の南東向きの斜面を中心に多いところで300ミリを超える大雨となっている。台風20号の接近で大雨はさらに続く見込みで、23日午後から24日にかけては西日本を中心に非常に激しい雨が降り、局地的に1時間80ミリ以上の猛烈な雨となりそう。

 24日午後0時までの24時間の雨量は、多いところで四国地方や近畿地方、東海地方で600ミリから800ミリなど、広い範囲で大雨となる恐れがある。平成30年7月豪雨の被災地などでは、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風、うねりを伴った高波、高潮など、特に厳重に警戒する必要がある。

リセマム

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ