「爽健美茶や十六茶は流産の危険」SNSで誤情報拡散 コカ・コーラが否定「妊婦の方にも安心してお楽しみいただけます」

8月24日(金)19時59分 BIGLOBEニュース編集部

画像はイメージ

写真を拡大

「爽健美茶」や「十六茶」にはハトムギが入っているため、妊娠初期に飲むと流産の危険があるというSNS投稿が拡散し、不安の声などがあがっている。「爽健美茶」の発売元の日本コカ・コーラは取材に対し、「どなたにも安心してお召し上がりいただける」とこの噂を否定した。


Twitterで拡散している情報は、「マタニティマークつけている方が爽健美茶をガブガブ飲んでいたので必死に止めました。カフェインゼロですが爽健美茶、十六茶には「ハトムギ」が入ってます!妊娠初期の方は流産の危険があります!ハトムギは赤ちゃんをイボと同じ異物と判断して身体から排出しようとします!」というもの。「もうよっぽどじゃない限り飲みません」といったコメントや根拠を求める声が寄せられ、一連の投稿は5000回以上リツイートされている。


根拠について投稿者は、ハトムギ(ヨクイニン)の入っている市販薬を例に挙げ「安全性は確立していない」との記載があると説明。なお、情報元については「母やお婆ちゃんからこの知恵は受け継ぎました。いわゆる『お婆ちゃんの知恵袋』昔からの経験値に基づいた物です」とのこと。注意喚起のために投稿したため、「妊婦さんを不安にさせるな、という批判は、検討違い」としている。


情報の真偽について24日に日本コカ・コーラに確認したところ、「『爽健美茶』は、どなたにも安心してお召し上がりいただけるよう設計したブレンド茶です」とのこと。妊娠初期でも安心して飲めるということかとの質問には「もちろんです」と答え、SNSで拡散している情報を否定した。「爽健美茶」の公式サイトにも、「お子様から大人の方、また妊婦の方にもご家族みんなでいつでも安心してお楽しみいただけます」と記載している。


また、投稿を目にした医療従事者も流産の危険性を否定。産婦人科医の宋美玄氏は、流産のほどんどは染色体異常で受精時に決まっているとし、「普通にペットボトルで飲む量で流産はしないし、カフェインもコーヒー2-3杯くらい大丈夫だし、ガセネタまで気にしたら何も飲食できなくて栄養失調になるから有害」とコメントしている。複数の薬剤師も「はと麦茶、ブレンド茶程度ではどうにもならない」などと指摘。「『あれも駄目これも駄目』というストレスが過度に大きくなることで妊娠に悪影響を及ぼすこともあります。心安らかにバランスと消化の良いものを美味しく食べるのが大切と思います」といったアドバイスも寄せている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「コカ・コーラ」をもっと詳しく

「コカ・コーラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ