元「あいのり」桃、仕事を理由に結婚を拒否する男にチクリ「言い訳にしてる」

8月25日(日)15時0分 AbemaTIMES

 8月24日(土)よる10時より、AbemaTVにてオリジナル結婚リアリティーショー『さよならプロポーズ』#1が放送され、ゲスト出演した桃や紗栄子らが、結婚より仕事を優先する男性に苦言を呈した。

 本番組は、仕事が第一の彼氏を持つ交際2年のカップルと、関東と関西の遠距離恋愛をしている交際3年のカップルの2組が、イタリア7日間の旅を通し、最終日に”結婚する”か、”別れる”かのどちらかを必ず決断する、最も残酷で、愛に溢れた結婚リアリティーショー。小籔千豊がメインMCを務め、第1話はスペシャルゲストに紗栄子、ゲストにかまいたち・濱家隆一、そしてレギュラーゲストに桃を迎えて放送された。

 イタリア・ナポリへ旅立つことになった1組目は、同棲して2年が経つカナミ(27歳/モデル)とフミヤ(26歳/パーソナルトレーナー)のカップル。2日目の昼食時、カナミは結婚に対する考えをフミヤに尋ねたが、フミヤは「今は仕事が一番。仕事のことしか考えられない」と答え、その口から前向きな言葉が語られることはなかった。

 フミヤの職業は、フリーランスのパーソナルトレーナー。現在は収入が安定しているものの、将来安泰というわけではなく、新規事業の立ち上げを計画しているところだという。フミヤは出発前、「カナミを本当に100%幸せにできるのか?今後10年後も20年後も、となっていくと、もっと仕事の面で拡大をしていかないとっていう想いがすごく強い」と、強い責任感を口にし、「今すぐ結婚っていう選択は考えづらい」と苦悩を滲ませていた。

 また、カナミが「授かりものだからわからない」としつつも「30歳までに2人子供が欲しい」と、思い描く妊娠出産のビジョンを明かすと、フミヤは驚愕。「今すぐ結婚しないと絶対間に合わない」と言い、「仕事を全部犠牲にして、カナミの30歳までに子供2人っていう想いを叶えることが、果たして幸せなのか」と疑問を呈した。

 第1話のVTRを観終えた小籔は「僕の中で結論出ました。カナミさんはこの男と別れるべきです」とキッパリ。一方、濱家は「仕事を犠牲にして」というフミヤの発言に触れ、「仕事犠牲にしてって言われた時の彼女の気持ちは、きついやろうなと思いますね。一緒になったとしても、『彼の仕事が犠牲になってるんや』って彼女に思わすのはかわいそう」とカナミに同情を寄せた。

 その後、女性陣からもフミヤに対し厳しい意見が続出。桃が「仕事を言い訳にしか使っていない気がしちゃうんですよね」とコメントすると、紗栄子も仕事と結婚、どちらかを選ぼうとするフミヤに異議を唱え、「同時進行でいい」と主張。

 さらに、カナミが言いたかったのは、あくまでも結婚のタイミングや女性としてのビジョンであり、何が何でも30歳までに子供が2人欲しいわけではないにも関わらず、そこに執着し否定的な意見を述べたフミヤを「揚げ足とりみたい」と批判した。

 また、紗栄子が「男の人の養わなければいけないという責任感は素晴らしいと思うんですけど、彼女は正直そこまで気にしていない」と語ると、小藪は自分と結婚したことで妻が不幸になっていく姿を見るのは辛いと言い、「フミヤさんのその気持ちは半分わかるんですよ」と理解を示す場面も。

 結婚2年目の濱家は「まだ2年なので偉そうなこと言えないですけど」と前置きしつつ、「『結婚したらパワーなるで!』って言って、広背筋叩いてやりたいです。大丈夫やって」と、フィットネスモデルとしても活動し、鍛え上げられた肉体を持つフミヤにエールを送っていた。

 結婚に対する考え方の違いが浮き彫りになったカナミとフミヤだが、次回、フミヤの一言がきっかけとなり、大揉めする展開に…。『さよならプロポーズ』#2は、8月31日(土)よる10時〜放送される。
 

▶【見逃し視聴】#1: 結婚?別れ?悩めるカップルが結論を出す7日間の旅 さよならプロポーズ

AbemaTIMES

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ