【医師監修】妊娠したらニキビができた! 妊娠中の肌荒れ対策は? 市販薬はOK?

8月26日(月)16時46分 マイナビウーマン子育て

妊娠してから肌トラブルが増えたと訴える妊婦さんがいる一方で、ずっと悩んでいたニキビが軽くなったという人もいます。妊娠は肌の状態に影響するのでしょうか? マイナートラブル(妊娠に伴って起こる不快症状)の原因と、セルフケア法をまとめます。

この記事の執筆・監修ドクター 松峯美貴先生 医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。http://www.toho-clinic.or.jp/

妊娠すると肌は荒れる?

996835496

Getty logo

妊娠してから肌荒れを感じる人と、逆にトラブルが減ったという人がいるのはなぜでしょうか。まず妊娠の肌への影響や、トラブルの原因についてみていきましょう。

人によって違うホルモンの肌への影響

妊娠するとホルモン分泌が変化し、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えますが、人によってホルモンの作用の出方が異なります。

美肌作用のあるエストロゲンの作用により、ニキビや肌荒れが「なくなった」「よくなった」と感じる方もいるでしょう。皮脂の分泌を活発にするプロゲステロンの作用により、トラブルが増えたと感じてしまう方もいるでしょう。

こうした肌の変化は、もともとの体質と妊娠による生理的なもので、病的なものではありません。出産した後、ホルモン分泌が元に戻れば、普段通りに戻ります。

食生活やストレスも関係する?

肌トラブルは、食生活やストレスの影響も受けます。

妊娠によるプロゲステロン増加の影響で肌トラブルが出やすい人も、食生活やストレスの見直しで、症状を防いだり、軽くすることができますが、逆に、偏った食生活やストレスで症状を悪化させてしまうこともあるのです。

記事の後半でご紹介するセルフケア法を参考に、「予防・重症化予防」をしていきましょう。

ニキビとは別の肌湿疹も!

皮脂分泌が多い部分にできるニキビとは違う肌湿疹のトラブルもあります。

お腹や手足に出る湿疹は「妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)」「PUPPP(妊娠性搔痒性蕁麻疹様丘疹<にんしんせいそうようせいじんましんようきゅうしん>)」「妊娠性類天疱瘡(にんしんせいるいてんぽうそう)」などがあり、自分でどのタイプか見分けるのは難しく、いずれの場合も強いかゆみが出て生活や睡眠に支障をきたすことが多いので、かかりつけの産婦人科か、妊娠中であることを伝えて皮膚科を受診しましょう。

また、発疹に加え、発熱やリンパの腫れなどがあった場合は、かかりつけの産婦人科に電話を入れ、症状を伝えて、どのような受診行動をとるか、指示をもらってください。

妊娠中に起こる肌のマイナートラブル

妊娠中には発疹ではない肌トラブルも起こり、妊婦さんを悩ませます。これらのほとんどは妊娠中に増える女性ホルモンの作用によるものです。どのようなトラブルが生じやすいか、知っておきましょう。

いずれの場合も、かゆみで眠れないなどで困ったり、不安に思ったら、産婦人科か皮膚科に相談してください。共通するセルフケア法は最後にまとめて紹介します。

「妊娠肝斑(にんしんかんぱん)」などシミ系トラブル

ニキビや加齢によるシミとは違い、女性ホルモンが影響して色素沈着を起こす肝斑は、妊娠によってできやすく、濃くなることも多いものです。

ただし、妊娠中はレーザーや電気を利用する一般的な美容治療は基本的に受けられません。気になる場合は、出産後に治療しましょう。

乾燥から起こる「妊娠性掻痒症(にんしんせいそうようしょう)」や「妊娠線」

女性ホルモンの影響や乾燥による肌トラブルに「妊娠性掻痒症」や「妊娠線」があります。

妊娠性掻痒症

全身にかゆみやむずむず感が出ます。

妊娠線

お腹や胸など、脂肪が多く、妊娠によってサイズアップしやすい部分にできやすい線やひび割れ模様は「妊娠線」と呼ばれます。

一般的に皮膚は保水力の低下に伴い、弾力も低下しています。赤ちゃんの成長にしたがって皮膚が急に伸びるものの、表皮より下の層(真皮層や皮下組織)は伸びについていけず、断裂してしまい、それが線となって現れます。

そのようなメカニズムで起こるものなので、ボディローションやミルク、クリームで保湿しながら、毎日マッサージをして予防しましょう。

体毛のトラブル

エストロゲンの作用によって体毛が薄くなる人が多くいる一方、体毛が濃くなったと感じる人もいます。いずれにせよ、主な原因がホルモンの影響である場合は、出産後、自然に元に戻ります。

なお、妊娠中はレーザー脱毛などの施術は受けられません。皮膚が敏感になっているため、脱毛ワックスの使用もおすすめしません。

妊娠中のニキビケア

市販の塗り薬は使える?

ニキビに直接塗るタイプの市販薬は利用してもOK。必ず用法・用量を守りましょう。

食べ過ぎ注意の食べ物は?

一般的に、甘いものや刺激物、脂質の多い食べ物の食べ過ぎはニキビを悪化させるとされますが、明確な科学的根拠は見つかりません。日本皮膚科学会のニキビに関するガイドラインでもニキビ患者に「特定の食べ物を一律に制限することは推奨しない」としています[*1]。

松峯先生は、ニキビの有無に限らず、妊娠中の偏食は体重管理などにも影響すると注意を促しながら、次のように話しています。

「バランスよく食べるのが大切だとわかっていても、つわりの時期など、食欲が著しく低下して、何か特定のものしか食べられないということもあるでしょう。食事を受けつけないようなときは『食べられるものを食べられるだけ』というのもやむを得ません。つわりが治まったら、食べるもののバランスに気をつけてみましょう。大切な体ですから、いつでも自分の体の調子を意識しながら、食事を楽しめるといいですね」

ストレスケアもスキンケアのうち

ストレスをためないことも肌にとっては重要です。体や心の負担になるストレスが自律神経のバランスを崩し、血行や代謝に影響するため、ストレスが強いと肌トラブルが増えるのです。

もっとも即効性のあるストレス対策は、脳の休養である睡眠をしっかりとることですが、妊娠経過が進むにつれ、「寝つきが悪い」「途中または早朝に目覚めてしまう」といった睡眠の問題を感じる人は増えます。次のポイントを参考に工夫をして、良質な睡眠を確保しましょう。

・夕方以降は昼間の照明から一段明るさを落とした照明空間で過ごし、就寝時に自然な眠気をもよおすよう仕向ける・夕食後は、脳を覚醒させるブルーライトを発する機器(テレビ、スマホなど)から離れ、家族としゃべる、ペットと遊ぶ、趣味やリクリエーションを楽しむ、スキンケア・ボディケアの時間に当てるなどしてリラックスする・寝室の温度は夏:25〜28℃、冬:15〜18℃、湿度は通年40〜60%に調整する

心がけたい全身のスキンケア

1063317746

Getty logo

妊娠の肌ダメージをやわらげる保湿

すべての肌トラブル対策として大切なのが「保湿」です。妊娠していないときより乾燥しやすいので、こまめに普段以上の保湿ケアをしましょう。

スキンケア用品の上手な選び方

妊娠中は積極的な美容治療などはできませんが、そのようなときのためにセルフケアで使える機能性スキンケア用品があります。洗顔石鹸や保湿クリームなども、低刺激・高機能で安心して使えるものを選ぶといいでしょう。

「やさしい手当て」のボディケアを!

全身の保湿ケアや妊娠線予防のマッサージをするときは、愛用のクリームなどを手に取り、てのひら全体を使って、ゆっくり円を描くようにして、肌になじませましょう。

指先だけでなく、てのひら全体を使うのは、手のひらには適度な温度と湿度があり、触れた部分がほどよく温まって、クリームなどが肌になじみやすくなるため。そして肌に密着する面が大きく、ゆっくりさするほど、リラックスを促し、ストレスケアになります。力は入れず、やさしくなでるようにケアしてください。

このような“手当て”は看護や介護のフィールドで活用されているいくつかのケアメソッドで共通しています。自分自身のケアにぜひ取り入れてみましょう。そして、出産後は赤ちゃんのケアにもぜひ応用してみてください。

まとめ

妊娠によって、さまざまな肌トラブルが起こりやすいのは事実ですが、出産後にはおのずと軽減します。今はあまり気に病んで、そのストレスで肌トラブルを悪化させないことがむしろ大切かもしれません。保湿を中心としたセルフケアで重症化を防ぎましょう!

(文・構成:下平貴子/日本医療企画、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

マイナビウーマン子育て

「妊娠」をもっと詳しく

「妊娠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ