ケンタッキーフライドチキンが代替肉100%の「Beyond Fried Chicken」をテスト販売

8月28日(水)17時0分 ガジェット通信

ケンタッキーフライドチキンが代替肉100%の「Beyond Fried Chicken」をテスト販売

写真を拡大

8月26日、ケンタッキーフライドチキンは、8月27日にジョージア州スマーナのコブ・パークウェイ店限定で、代替肉100%の「Beyond Fried Chicken」をテスト販売すると発表しました。Beyond Fried Chickenは、植物由来の人工肉を開発・製造するスタートアップ企業、ビヨンド・ミート(Beyond Meat)と提携し、開発されたもの。

今回提供されたのは、ナゲットと骨なしウィングのBeyond Fried Chicken。価格は税別で6〜12ドル(約630〜1270円)。

https://twitter.com/kindlee55/status/1166357939772411905
8月27日当日の開店前の様子。Beyond Fried Chickenカラーになったコブ・パークウェイ店ですが、開店前の時点で、店のまわりを2周するくらいの車の列ができていたそうです。

https://twitter.com/BeyondMeat/status/1166400200367173632
Beyond Fried Chickenを求めてこんなに多くの人が来店しました。

https://twitter.com/thegeekinvegan/status/1166422366332825601
購入するのに4時間待ったという女性のツイート。「それだけ待つ価値はありました」とのことです。

https://twitter.com/kfc/status/1166459237649666048
Beyond Fried Chickenの売り切れを告知するツイート。

消費者の選択肢の1つとして、代替肉がファストフードチェーンの定番メニューになるのも、そう遠い未来の話ではなさそうです。

※画像とソース:
https://www.prnewswire.com/news-releases/kfc-leads-as-first-national-us-qsr-to-test-plant-based-chicken-in-partnership-with-beyond-meat-300906600.html

—— 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

—— 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「代替肉」をもっと詳しく

「代替肉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ