「貯金がない女性」でも、簡単に始められる「お金を貯められる習慣」

8月29日(木)7時30分 yummy!

「将来のためにお金を貯めておいた方がいいとは分かっているけど、いつもカツカツ」の女性って多いですよね。
今回は、お金がなかなか貯められない女性が、貯められる女性になるために身に付けたい習慣について解説していきます。

お金を貯められない原因は何?


ところで、あなたがお金を貯められない原因は何でしょうか?
収入が少ないから、というのは正確な回答ではありません。月給20万円の人の方が、月収50万円の人より貯金が少ない、ということもあり得ます。
貯金ができないのは、「収入より支出が上回る生活をしているから」です。
つまり、貯金をするためには、「収入を増やす」または「支出を増やす」という2つの方法しかないというわけです。

貯金がない女性が身に付けたい「お金を貯められる習慣」とは?


収入を増やしたい、と思っても、なかなか簡単に仕事を変えることはできないでしょう。現実的なのは「支出を減らす」方法です。
貯金がない女性が身に付けたい「お金を貯められる習慣」1 先に貯める
支出を減らすための簡単な方法は、「あまったら貯金する」という考えをやめて、「先に貯金する」という方法に切り替えることです。
たとえば、月収が30万円だとします。
なるべく支出を減らし、余った分を貯金しよう、と思っていると、財布の紐が緩みがちです。
そうではなく、「毎月5万円貯金する」などと決めて、5万円を別の口座に移し、残りの25万円で一ヶ月を乗り切ることを習慣化しましょう。
そうすることで、無駄遣いを排除することができます。
貯金がない女性が身に付けたい「お金を貯められる習慣」2 買い物の「浪費」を避ける
貯金ができない女性は、知らず知らずのうちに必要のないものを買ってしまいがちです。
無駄な買い物を避けるための有効な方法として、買い物をするときに、その買い物が、「消費・浪費・投資」のどれに当てはまるのかを考えること、が挙げられます。
たとえば、シャンプーなどの消耗品は必要な消費です。キャリアアップに役立つ参考書は投資、ストレス発散のためになんとなく買ったけどあとから後悔する買い物が浪費です。
買い物をするときに、逐一、「これは消費か、浪費は、投資か」を検討する習慣をつけることで、無駄な出費を避けることができるでしょう。

さいごに。貯金をする理由を明確にしよう


お金は貯めればいいというものではありません。
お金はツールですから、どのように使うか、が大切です。
貯めているだけでは、なんの意味もありません。ただし、病気になったときや、自分が何かしたいとおもったときに実行できるだけのお金は貯めて置く必要があります。
無目的な貯金ではなく、「病気になっても安心できるだけの貯金として○万円必要」「仕事をやめて世界一周したいから○万円貯めたい」など、目的をはっきりさせることで、どれだけの金額をいつまでに貯めるべきかが明確になります。
目的を定めて、お金や時間の無駄遣いを減らしましょう。
(今来 今/ライター)

yummy!

「貯金」をもっと詳しく

「貯金」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ