恵比寿ガーデンプレイスタワーに新店舗! DINING&SKY 「TOP of YEBISU」グランドオープン

8月30日(水)15時0分 シネマカフェ

モダン・タイ・レストラン「Longrain(ロングレイン)」料理イメージ

写真を拡大

「恵比寿ガーデンプレイスタワー」38・39階レストランフロアDINING&SKY「TOP of YEBISU」が8月26日(土)よりグランドオープン。新たに6店舗が開業する。

テーマは“Think the world”多国籍な店舗の最新のダイニングシーン

テーマは“Think the world”。タイ、中国、イタリア、南仏、オーストラリアなど、世界の厳選された料理の数々を、カジュアルでありながら洗練されたサービスで楽しめる注目店舗が集結した。39階は店舗の世界観が滲み出してくる大人の遊び場をイメージし、賑わいとシズル感を感じられるカジュアルなストリートを演出している。また、38階には新鮮な魚介を味わえる天ぷら専門店「恵比寿 天ぷら魚新」が加わり、和のフロアとしてより充実したラインナップに。ジャパニーズモダンシックをイメージし、ゆったりとした、落ち着きと品のある空間となった。

注目の新店舗6店はコレ!




39階に新たに誕生したレストランは6店舗だ。日本初出店となるモダン・タイ・レストラン「Longrain(ロングレイン)」はオーストラリアのシドニーにて、つねに満席となる活気あふれる大型ダイニング。色鮮やかな大皿料理がモダンな店内で楽しめる。

「LUCIS GARDEN 恵比寿 by TOH-TEN-KOH (ルーキス ガーデン エビス バイ トウテンコウ)」は、「中国料理 東天紅」プロデュ−スによる新しいスタイルの店舗で、ワインによく合うチャイニーズレストラン。



特注のロティサリーマシンで香ばしく丁寧に仕上がる国産の拘りのひなどりがシグネチャーの「ROTISSERIE ☆ BLUE (ロティサリー ブルー))」は、親しみのあるフランスの郷土料理を提供する。



「South(サウス)」は、オーストラリアの新鮮な魚介類をふんだんに使った料理とワインでオセアニアの自然の恵みを堪能できる。



四国・愛媛や瀬戸内の食材をふんだんに使ったイタリアンレストラン「BOCCIANO(ボッチャーノ)」は、豊富なビールのラインナップとカクテルやワインを飲みながら厳選した肉や魚介類、野菜を使ったグリル料理、特注の石窯で作るナポリピッツァや石窯料理がおすすめ。



38階にオープンの「恵比寿 天ぷら魚新」は、明治23年、赤坂に創業の鮮魚店をルーツに、六本木で25年、日本橋と西麻布で13年の歴史があり、変わらぬ素材へのこだわりと職人の技術を活かした天ぷら屋。カウンター越しに揚げる旬の天ぷらはもちろん、魚料理や酒肴も豊富に取りそろえる。

■施設概要DINING&SKY 「TOP of YEBISU」場所:「恵比寿ガーデンプレイスタワー」38・39 階総店舗数:13店舗営業時間:11時〜23時休業日:1月1日、年1回法定点検日あり

シネマカフェ

「タイ」をもっと詳しく

「タイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ