「佐野厄寄せ大師」なる呼び名も登場……火に油を注いだ!? 五輪エンブレム問題の原案公表

8月31日(月)17時0分 ガジェット通信


盗作問題がおさまる気配を見せない佐野研二郎さんデザインの五輪エンブレム問題。8月28日、審査委員の永井一正さんたちが会見し修正前の”原案”が公表された。

しかし、
佐野研二郎デザインの五輪エンブレム 原案公表の会見で使われた画像がブログからのパクリではとの指摘がなされる
http://getnews.jp/archives/1111266
佐野研二郎デサイン五輪エンブレム原案 ヤン・チヒョルト氏からの盗作ではないかと話題に
http://getnews.jp/archives/1112786

という記事でもお伝えしたのだが、会見でデザインの展開例として示された画像の盗用疑惑、そしてそもそものデザイン原案の盗作疑惑が新たに出てきて、ただでさえ炎上してるネットに対し"火に油を注ぐ"結果となってしまったようだ。上記のニュースは、ネットのみならず新聞の一般紙やスポーツ紙も取り上げており、いったいどこまでこの騒動は広がってゆくのかといった具合である。

ネット上では、佐野さんの作品だけでなく五輪エンブレム審査委員の永井一正さんや長嶋りかこさんたちの過去の作品についても「○○に似ているのではないか」と洗いざらい調査されていっている状況。また、佐野さんを擁護する発言をしていたデザイナーについても同様だ。佐野さんをはじめは擁護していたものの、ここ最近の新しい事実が判明したことにより批判するようになった方々もいるのだが、それに対し「日和見」「裏切り者」「小早川秀秋」といった容赦のない言葉が浴びせられていたりもするようだ。さながら『風の谷のナウシカ』の王蟲が、攻撃色となってドドドドと突進しているイメージである。

トートバッグキャンペーンのサントリーや、これまで関わっていた関係者、擁護していた方々などに次々と災厄が降りかかっている様子から
「佐野厄寄せ大師」
なるネーミングも書き込まれていたりした次第であるのだが、果たして今後の行方やいかに。

※画像は『niconico』(http://live.nicovideo.jp/watch/lv233056386)より引用

関連:東京五輪エンブレム盗作疑惑の佐野研二郎さん デザインに疑惑続々
http://cureco.jp/view/397/

ガジェット通信

「五輪」をもっと詳しく

「五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ