「もう、疲れちゃったかも」恋がつらいと感じたときに試したいこと

8月31日(土)19時35分 ハウコレ



恋をすることで「つらい」と感じる瞬間はいろいろとあると思います。
失恋したとき、自分の思いがうまく伝わらないとき、ケンカをしてしまったとき・・・
そんなときはむしゃくしゃしたり、不安でどうしようもなくなるときもありますよね。
少しでもそんなつらさを緩和するためにできることをお伝えしていきます。


■人の輪を広げる

恋がうまくいかないと、なんとなくさみしさや孤独感に襲われて苦しくなってしまいます。
そんなときは恋に絶望せず、ゆっくりとまわりを見渡してみましょう。
あなたのそばには、家族がいて、友達がいて、その繋がりは無限なのです。
少し疎遠になっている家族や友達がいれば連絡をとってみましょう。
懐かしい会話に花が咲いて「こんなに楽しいこともあったなあ」と温かい気持ちになれるかもしれません。
また、イベントに参加してみたり、友達の紹介で飲み会などの交流会に出てみるのも良いでしょう。人との繋がりが増えたり、知らない世界に触れていくことは、あなたの自信となり、希望になるはずです。「ひとりじゃない」と思えることで、少し心持ちが軽くなるでしょう。


■体を動かす

じっと家にこもっていると、どうしても余計なことを考えて気持ちがブルーになってしまいます。落ち込んでいるときは腰が重たくなってしまうかもしれませんが、思い切って体を動かす時間を作ってみましょう。
ランニングやダンス、これからの時期だと泳ぐのもいいですね。
思い切り動いて汗を流すと、とても爽快な気持ちになれます。
悩み事は消えなくても、なんとなく“すっきり”した気持ちになり、「きっとなんとかなる!」と、前向きな思考に変換できそう。外で自然を感じ、エネルギーを発散させてあげることで、気持ちをリセットしましょう。


■趣味に没頭する

好きなこと、特技など、あなたらしさが輝く趣味がきっとあるはずです。
仕事や恋愛ばっかりに意識が向いていませんか?
自分の生活スタイルに偏りがあると、そのどれかがうまく行かなかったときに、大きなダメージを受けてしまいます。
趣味はいくつあってもいいのです。活動を深く掘り下げなくても、できる分野や特技を増やすことで、新たな楽しさに出会えます。
その活動をしている間はそのことに集中すできるので、余計な心配事も考え込まずに済みますよね。
自分らしさをもっと探求して生活の“軸”を増やしてみましょう。
軸が増えると、恋愛の軸が折れてしまっても、大きくバランスを崩すことはほとんどなくなるでしょう。


■お笑い番組を見る

嫌なことや不安を吹き飛ばすには「笑い」や「笑顔」が必要です。
深刻な状況や悩みをずっと引きずるだけでは解決にはいたりませんよね。
思い切ってお笑い番組やコメディ映画に手を伸ばしてみましょう。
少しでもぱっと明るい気持ちになれたら、良いアイディアが浮かんでくるかもしれません。
「頑張れそうな気がする」と、パワーをもらえるかもしれません。
思い切り笑うことで「あれ、なんで私さっきまであんなに落ち込んでいたんだろう」と、ふと冷静になることができるのです。悩みが小さく感じると、同時に前に進めそうな感覚が生まれてきます。笑ってマイナスな感情を吹き飛ばしてしまいましょう。


■おわりに

恋でつまずいてしまったときは、「立ち止まらない」ことが大切なのです。
動いていれば必ずいいことはありますし、孤独でないことにもきっと気づくことができます。勇気を持って一歩を踏み出してみてくださいね。(あやか/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「失恋」をもっと詳しく

「失恋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ