東京オリンピック2020 本当のニュースと虚構新聞記事の区別がつかないと話題に

9月1日(日)12時15分 ガジェット通信

東京オリンピック2020 本当のニュースと虚構新聞記事の区別がつかないと話題に

写真を拡大

来年2020年7月に開催の東京オリンピック。
さまざまな関連ニュースが報じられるが、ネット上では「東京五輪ニュース打線クイズ」なるものが話題になっていたようだ。

8月28日、ネット掲示板『2ちゃんねる』(https://www.2ch.sc)には

【悲報】東京五輪ニュース打線クイズがマジで東大入試レベルの難易度にwww
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1566967126/[リンク]

というスレッドがたてられ、

【問題】次の東京五輪ニュース打線の中に虚構新聞の記事が一つだけあります。どれでしょう?(他は全て本当のニュースです)

1中 【東京五輪エンブレム、盗作告発を受け変更へ。選考方法にも課題】
2右 【エンジニアから弁護士まで。五輪委、専門職もボランティアで人材調達】
3左 【五輪招致決定も裏金の力?JOC竹田会長、2.5億円の贈賄で起訴】
4一 【五輪テスト大会のスイムが中止に。会場で大量の大腸菌検出】
5三 【コンパクト五輪の理念どこへ?五輪予算、3兆円超で当初の4倍以上に】
6二 【新国立競技場着工寸前に安倍首相が待った。ザハ氏の案を破棄し再検討へ】
7遊 【聖火台設置スペース、忘れていた……。新国立競技場、また再検討へ】
8捕 【観客の自撮り動画投稿も禁止。東京五輪、異例のSNS規制で放映権強化】
9投 【五輪の猛暑対策、切り札はアサガオ。競技会場を視覚的に涼しく】
継 【涼しげな音色で酷暑乗り切れ。新国立競技場に巨大風鈴設置】
抑 【小池都知事、かぶる日傘を開発。男性でも恥ずかしくないと五輪に自信】
監督 【森会長激怒。五輪不祥事を報道した新聞社はスポンサーから追放も】

という問題が貼られていた。
いずれもかなりの虚構新聞の香りが漂う記事の数々であるが、他はすべて本当のニュース記事であるという驚愕の事実。大手まとめサイトなどもとりあげ、拡散されていた。

実際、虚構新聞記事は

涼しげな音色で酷暑乗り切れ 新国立競技場に巨大風鈴設置
https://kyoko-np.net/2019081401.html

だけなのであるが、
「難しすぎる」
「朝顔よりマシなのうける」
「は?じゃあマジでSNS禁止なんか?」
といったような反応が書き込まれていたようである。

※画像は『2ch』より

—— 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「東京オリンピック」をもっと詳しく

「東京オリンピック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ