人気インスタグラマーが、K-FOOD(ゆず茶、えごま、チャメ、干し柿)の生産地を訪問!

9月2日(月)16時0分 @Press

“美味しさ”と“美容効果”から、すっかり日本に定着した『K-FOOD(韓国フード)』。その魅力を伝えるべく、食や美容にこだわりを持つ人気インスタグラマー、小鳥遊しほさん・池田るりさん・吉澤麻代さんの3人がK-FOOD美容研究部を結成し、6月には、美容効果に優れる栄養をふんだんに含んだ激ウマ「チヂミ」づくりを満喫しました。(特集ページ: https://www.oricon.co.jp/special/2019/k-food/ )そんな3人の「もっとK-FOODのことを知りたい!」という要望に応える形で、第2弾企画として、生産地を訪問することに!
今回は、「ゆず茶」「えごまの葉」「チャメ」「干し柿」の生産地を巡り、土地の風土に根付いた韓国食文化を学びました。旅の様子は、9月2日公開の特集で紹介。美容女子部員たちのスペシャル動画も!
(URL: https://www.oricon.co.jp/special/2019/k-food/production.html )

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/LL_img_192068_1.jpg
K-FOOD美容研究部で韓国旅!

韓国農水産食品流通公社(aTセンター)は、美味しいだけではなく“美容効果の高い栄養価”をふんだんに含んだ韓国食品の魅力をお伝えするため、第2弾となる特集ページとオリジナル動画を公開します。

「食べて美しくなるK-FOOD」をテーマにした美容研究部のメンバー、小鳥遊しほさん・池田るりさん・吉澤麻代さんが実際に韓国国内を北から南まで縦断し、代表的食材である「ゆず茶」「えごまの葉」「チャメ」「干し柿」の生産地を訪問。その美味しさや美容効果など、韓国食品が持つ魅力を深掘りしてきました。

今回訪問した生産地では、「最高級」と呼ばれる品質と効能を保持するために、地形や平均気温、年間日照量、降雨量、風や土壌などの気候変化など、非常に厳密な管理のもとに食品を生産していました。さらに、食品を作る人たちの“愛情”や“熱意”も加わることで、いまや韓国だけでなく、世界中から支持される食品となっていることが分かりました。

美味しいK-FOODをたくさん頂きました!
https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/img_192068_2.jpg

また、本企画では6月の第1弾企画に続き、WEBサイト・各種メディアを中心にレシピやコラム、企画提案などで、カリスマフードコーディネーターとしても幅広く活躍されている料理研究家・管理栄養士の関口絢子先生を監修としてお招きしています。関口先生には、美肌力にフォーカスした栄養価についても紹介していただいています。気になる韓国食品を購入する際の良きアドバイスになると思います。

料理研究家・管理栄養士の関口絢子先生
https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/img_192068_3.jpg


【現場エピソード】
■“韓国文化”も“美容”も大好きな3人がK-FOODをめぐる旅!
<ゆず茶>
https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/img_192068_4.png
世界最高峰と言われる高興(コフン)産のA級ゆずを使用した「ゆず茶」の生産ラインを保有するコッセム食品を訪問。鮮度を維持するための仕組みや生産ラインを見学し、今や日本だけでなく、数多くの国へと輸出される「ゆず茶」の美味しさの秘訣を知りました。

<えごまの葉>
https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/img_192068_5.jpg
秋富(チュブ)の美しい西大山霊峰から流れる澄んだ水で育てられた「えごまの葉」。マニンサン農協では、近代化された生産ラインや、韓国の家庭で親しまれている多彩な調理法を学ぶことで「えごまの葉」の魅力に触れました。

<チャメ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/img_192068_6.jpg
韓国の“夏の風物詩”として愛されている「チャメ」の中でも、星州(ソンジュ)で出荷されるチャメは最上級の品質と称されています。地域に根付いたエコ農法の仕組みや、独自の仕分けシステムを使った農協のハイテク生産ラインも学びました。

<干し柿>
https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/img_192068_7.jpg
嶺南(ヨンナム)地方で生産された絶品の柿を、優秀な乾燥技術と多彩な商品化により全世界へ発信するネイチャーファームを訪問。アイスやジュースにしたり、コチュジャンやチーズと一緒に食べたりと、日本の干し柿とは異なる魅力を発見しました。


【インスタグラマーのコメント】
■吉澤麻代さん
https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/img_192068_8.jpg
今回の生産地訪問では、行かないと分からない韓国食品の“美味しさの秘密”などを学べたのが良かったです。特に、各生産地の農家の方々からお話を聞いて「食品愛」が非常に強いことが分かりました。だから、韓国でもメジャーな食品になり、いま世界に羽ばたこうとしているのだと感じました。また、生産現場だけではなく、調理のバリエーションや応用など、本当に目からウロコでした。特に「えごまの葉」を使ったキムチ和えは絶品!今回の旅で、韓国人の“食いしん坊なダンナ”に提案できるレシピも広がりました。

■池田るりさん
https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/img_192068_9.jpg
韓国の方って凄くお肌もキレイだし、美容に対する意識が高いというイメージがありました。今回の旅で、その理由のひとつに「美容効果の高い韓国食品」にあることが理解できました。それに、生産者の方が提案してくださった本場のアレンジ料理は見栄えも味も良くて「これで美容に良いなんて最高!」って感じました。今回紹介している4つの食品は調理のアレンジも利くので、ホームパーティや女子会などで視覚的にも楽しめると思います!

■小鳥遊しほさん
https://www.atpress.ne.jp/releases/192068/img_192068_10.jpg
「食べて美しくなる」食品を生産する皆さんはどなたも朗らかで、さらに情熱的な方が多いという印象を受けました。各生産地を訪問して感じたのは、高齢化する農業へのサポートシステムが凄く充実しているということ。生産者の負担を軽減するシステムや、生産地から世界中の食卓に並ぶまでの徹底された管理システムなども、美味しさを最大限に引き出していく秘訣だと学びました。これを機に、韓国ドラマなどを視聴する際に、ゆず茶やえごまの葉が食卓に並んでいないかチェックする個人的な楽しみも増えました(笑)。


【韓国農水産食品流通公社について】
韓国農水産食品流通公社は韓国政府傘下機関として、日本における韓国産の農水産物や食文化の紹介、バイヤーマッチングなどの貿易振興活動を行っています。

【韓国農水産食品流通公社URL】 http://www.atcenter.or.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ゆず」をもっと詳しく

「ゆず」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ