牛角でフレンチを食べてきた ワインと合わせたい秋の新メニューが登場

9月4日(水)23時0分 ガジェット通信

牛角でフレンチを食べてきた ワインと合わせたい秋の新メニューが登場

写真を拡大

一般的に敷居が高いイメージのフレンチですが、焼肉チェーンでもその雰囲気をリーズナブルに味わえちゃうんです。そう、牛角ならね。フレンチをテーマに9月4日(水)より牛角に登場した秋の新メニュー5品を食べてみました。

鴨の厚切りロース/690円(税抜き)

いずれも元フレンチシェフがメニュー開発を手掛けたという「牛角フレンチ」。「鴨の厚切りロース」は贅沢にカットした鴨肉を赤ワイントリュフソースに絡めて食べる一品。

ジューシーで脂ののった厚切り鴨肉、赤ワインとトリュフの芳醇な香りが、確かにフレンチのテイストを感じさせます。隠し味に八丁味噌を使うことで、よりコク深い味わいを実現しているのだとか。これはワインが飲みたくなるやつ!

本格派のソースは「七輪チーズバゲット(2枚)」(税抜き150円)のトロッと溶けたチーズとも相性バツグン。鴨肉をのせてカナッペのように楽しむのもオススメです。

トリュフ香るチーズまみれの月見カルビ/690円(税抜き)

牛角の定番メニュー「月見カルビ」がフレンチバージョンに。

焼いたカルビに絡める月見ソースには、たまごの黄身が隠れるほどたっぷりのチーズに加え、トリュフとトリュフオイルをダブルで使用。チーズまみれの濃厚月見ソースがカルビの旨みをグンと引き上げます。チーズ好き歓喜せよ! このソースもバゲットにマッチしそう。

牛角流ビスクラーメン/790円(税抜き)

フレンチの定番スープをイメージした「牛角流ビスクラーメン」は、魚介の旨みが凝縮されたトマトベースのスープに、有頭海老2匹とバゲットをトッピング。

スープを一口飲むと、海老の風味がガツンと口いっぱいに広がります。スープをたっぷりしみ込んだバゲットはとろみがついてまろやかに。別添えのチーズを加えて濃厚クリーミーに味変するのもグッドです。

牛角タピオカ クリームブリュレ/490円(税抜き)

牛角のタピオカドリンクがフレンチの定番デザート、クリームブリュレ風に。

表面の香ばしいキャラメリゼが抜群のウマさで、タピオカを脇役に追いやるほどの存在感を発揮。パリッと割ると、とろとろのカスタードクリーム、ひんやり練乳シャーベットが層になっています。すっきりとした甘みで、焼肉を食べた後のデザートとしてもぴったりの味わいです。

「牛角フレンチ」は11月4日(月)まで全国の牛角で販売。

—— やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「牛角」をもっと詳しく

「牛角」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ