雌牛に性的暴行して逮捕された60代変態男 「友人だって」と開き直る

9月4日(水)11時1分 しらべぇ

牛(undefined undefined/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

性の欲望を物言わぬ動物に向ける獣姦。タイの村で逮捕された男は、「誰もがやっている」と言わんばかりの開き直った態度で警察と飼育者を驚かせた。


■雌牛を背後から強姦

タイ南部に位置するソンクラー県ハートヤイ郡のある村で、他人が飼育している家畜に対する変態行為につき、年金生活者だという68歳の男が逮捕された。

男は静かに草を食べていた「Non」という名の雌牛をさらって茂みに誘い込み、背後から性的な行為を強行。その光景を目撃した者から情報を聞き付け、牛の所有者は密かに監視を続けることにした。そんななか犯行の現場に出くわし、ただちに警察に通報したという。


関連記事:救護室で性的暴行容疑のJR西元駅員が逮捕 泥酔女性の危機意識の低さに苦言も

■「友人だってやっている」と男

駆け付けた警察官に対し、決して罪を認めようとしなかったその男。だが全裸であったうえにNonを引き連れていたこと、そして脚に付着していた精液が動かぬ証拠となり逮捕された。

その行為は何度も繰り返されていたこともわかったが、警察の取り調べに対し、男は「牛を傷つけたわけではない。この快楽は友人が『気持ちいい』と教えてくれた。彼を真似ただけだ」などと釈明している。

■獣姦を罰する法が存在せず

このたびの事件に関し、タイの人々の間では「何と卑しく汚らわしい行為」という男に対する怒りとは別に、法整備の遅れに対する行政への苛立ちで沸いている。

牛の所有者の激しい怒りにもかかわらず、変態男に対して下されたのは1,000円ちょっとという微々たる罰金刑だけだったのだ。タイには獣姦を罰する法が存在せず、このたびの行為も動物虐待や公然わいせつとして扱うしかなかったという。


■獣姦に夢中になる男たち

・65歳の男が自ら多数のヤギを飼育し、メスに対して性的暴行(米国ジョージア州で2016年8月に報道)


・20歳のホームレスの男が馬小屋に忍び込み、1頭の馬の体を馬具で縛りあげて性的暴行(米国オレゴン州で2018年4月に報道)


・33歳の男が近隣住民の飼育するニワトリ2羽をさらい、強姦して死なせる(ケニア・ボメット郡で2018年1月に報道)


なお、2つ目の事件で犯人は「獣姦専門のアダルト映画で、馬を相手にした性行為を観て刺激された」と話していた。特殊な性的志向の持ち主を対象とする低俗な映画作品があることには驚くばかり。世間からは「法で厳しく規制して」という声が上がっていた。


・合わせて読みたい→パーティでドラッグを盛られ気を失った女子高生は… 動画までアップした男を逮捕


(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ



しらべぇ

「暴行」をもっと詳しく

「暴行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ