「半分、青い。」に届くクレームの大半とは!? “初めてのケース”でスタッフ困惑

9月4日(火)9時0分 tocana

画像は、「半分、青い。」オフィシャルHPより

写真を拡大

 いよいよ9月末で終了を迎えるNHK「連続テレビ小説『半分、青い。』」。NHKの朝ドラは常に話題になるが、今回も様々な形で話題となっている。そのため、NHKサイドに視聴者から電話やメールも多数寄せられているというが、その内容に少々偏りがあると関係者から聞くことができた。

「連続テレビ小説は注目度も高いので大河同様に視聴者からの反響も大きいです。しかし、今回は特定の内容が多いです。脚本家へのクレームです」(ドラマ関係者)

 「半分、青い。」の脚本家と言えば大御所・北川悦吏子だが、なぜクレームが多いのか。

「多くは北川さんのツイートに対してのクレームです。朝ドラの脚本家がTwitterをしてはいけないというルールはありませんが、今回の北川さんは『半分、青い。 』の製作が発表されて以降、常にTwitterで情報発信をしています。その内容も放送前は脚本を作る上での参考に視聴者から意見を求めたり、放送開始後はネタバレのようなものが多いです。こうしたツイートに対して視聴者から怒りの声が届くわけです」(同)

 意見を求めるのはまだしも、たしかにネタバレは怒る人もいるかもしれない。

「若干のヒントを提供する番宣程度の内容なら他の脚本家さんも書いていますが、北川さんはかなり核心に迫ることも多いので…。それに予め保険を掛けるような感じで、設定の違和感があることを見逃してもらいたいと書いたり、観る前から情報が多すぎるんです」(同)

 たしかに、こうした内容はせめてその日の放送が終わってからにしてほしいものだ。

「結果としてドラマに没頭できないという怒りの電話やメールがくるわけで、スタッフも困っているわけですよ。ただ、相手は大御所ですから注意もできません。こういう形で脚本家さんが注目されるのは初めてのケースではないでしょうか」(同)

 脚本家がTwitterをやってはならないという決まりはない。しかし、何事も程々が重要のようだ。
(文=吉沢ひかる)

※画像は、「半分、青い。」オフィシャルHPより

tocana

「半分、青い。」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「半分、青い。」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ