あの優しさはどこへ・・・!?「釣った魚に餌をやらない男子」の見分け方

9月6日(金)11時36分 ハウコレ



「付き合った当初は、あんなに優しい彼だったのに!」
交際期間が長くなるにつれ、彼の態度が冷たくなったり、ふてぶてしくなったり・・・・・・。


そんな、“釣った魚に餌をやらない男子”と付き合って、ガッカリした経験のある方は少なくないのではないでしょうか?とはいえ、そういう男子って、付き合う前に見抜けるもの?


そこで今回は、「釣った魚に餌をやらない男子」の見分け方を伝授しましょう。


■1.趣味命!オタク系男子

誰しも、ひとつやふたつは、趣味を持っているもの。


しかし、その趣味に極度にはまっている彼は、釣った魚に餌をやらないタイプの可能性が高いです。


意中の相手を口説き落とすまでは、趣味よりも女子を優先しますが、付き合いも長くなって慣れてきたら、大好きな趣味に専念してしまうのです。お金や時間がたくさんかかる趣味を持っている人ならなおさら。


そして、こういうタイプの場合、その趣味を邪魔されると、怒り出すというケースも少なくありません。
デートはしない、お金も払わない、連絡もしないという最悪なパターンも想定できるので、こういう男子は、要注意です。


■2.我が道行きます!マイペース系男子

自分のペースを崩されたくないタイプの男子も、あやしいです。B型男子に多いと思われていますが、意外と血液型は関係ないようです。


自己主張が強かったり、気分屋だったり「周りと何だか違うな?」というタイプの男子の場合、付き合っても相手のペースに合わせるということができません。


あなたのペースや希望に対しての気配りもありませんから、結果的に「釣った魚に餌をやらない」という状況になるわけです。向こうに悪気がないだけに、これは厄介。ちょっとマイペースすぎる彼に惹かれている場合、覚悟して付き合う必要がありそうです。


■3.自分に自信のあるナルシスト系男子

自分に自信がある男子って、少しナルシストな人が多いですよね。こういうタイプの男子は、「女子を口説く自分が好き」という、変な考え方をするよう・・・・・・。自分が好きなので、恋愛をしたいのではなく「恋愛に浸りたい」んです。


つまり、あなたの気持ち引き寄せたいわけではないので、恋をしても女子に対してあまり、執着心がわきません。


つまり彼らは、付き合ってから女性にを大切にする意味を感じていないのです。鏡で常に自分の髪型をチェックしているような男子は、釣った魚に餌をやらないタイプの可能性が高いので気をつけて!


■4.割り勘なんてもってのほか!俺様系男子

このタイプの男子は、初期集中型なので、後々電池切れになる可能性が高いです。たとえば、最初のうちは、毎回のデート代を出してもらえたり、豪華なレストランやホテルなどに連れて行ってもらったり・・・。女子にしてみたらうれしいものですよね。


もし、彼があなたよりすごく稼いでいたり、お金持ちだったり、というならこういったデートでも問題ありません。


しかし、そうではないのに羽振りがよかったり、お金を払いたがったりするなら「目の前の女子を落としたいがための行動」である可能性も高いのです。


ですので、身の丈以上にかっこつけようとする彼なら、事前にお財布の心配をしたり、元カノとのエピソードを聞いてみたりして、俺様系かどうか確認するといいかもしれません。


■おわりに

逆に、付き合ったあと大切にしてくれる男子というのは、最初から飛ばしすぎず、ダサイ自分も見せてくれるような人です。


付き合う前は自分を良く見せようと、誰しも頑張るものですから、そういった素直な男子がよいでしょう。


しっかり彼の本質を見抜いて、付き合ってからも大切にしてくれる彼を、探しあててくださいね。(織留有沙/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「あん」をもっと詳しく

「あん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ