「海外の友人が寺院で…」江原啓之“殿堂入り”認定の爆笑エピソードとは?!

9月6日(金)20時0分 TOKYO FM+

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、“ポジティブな言葉は幸せを引き寄せる”という江原が、リスナーからのおもしろメールを紹介します。海外の友人が寺院で起こしたという、楽しいエピソードに江原も大笑いです。


江原啓之



◆静寂の中、僧侶が進んで来たそのとき…
「今日は、誰にでもある言葉の勘違い、昔、何処かの番組でありました!“あ〜勘違い”をお話ししたくて投稿しました。私は、思い出すたび笑いが出てしまいます。

海外のお友達が、日本の文化に触れてみたいと言うので、寺院に行くことにしました。私が良く訪れる深川にあるお寺を訪ねました。たまたま1年に1度の大護摩焚きの日で、境内は沢山の人で賑わっていました。静寂の中、僧侶が法螺貝の音と共に列をなし、進んで来たそのとき、“参列の皆様、合掌をお願い致します”と境内放送が流れました。

すると、法螺貝の音に合わせ、“ウォーォーォ!”と、唸る友人の声が! 私はそのとき、すぐに、“合掌”と“合唱”を間違った友達の勘違いに気付き、笑いをこらえながら、小さい声で“合掌は手を合わせることで、日本語には2つの微妙な発音で意味の違うことがあるんだよ”と説明。

ある程度の日本語はできるものの、こういう場面での勘違い、周りの反応も、最初は何処からうなり声が聞こえてくるのかキョロキョロしながら私達のところに視線が集まり、その後クスクス笑いをこらえていました。あのときのことを思い出すと、1人でも笑ってしまいます。江原さんも、笑える勘違いありますか?」

◆江原からの“ことば”
「コーラスの“合唱”と、手を合わせる“合掌”を間違えたということですね(笑)! ときどき、面白映像で、何か歌うと犬が“ウォーウォー”と吠えるのと似ている! 周りの反応もおかしい(笑)!! 面白過ぎる!! このメール、殿堂入りだと思います!! 最高ですね! 私は、そこまでの勘違いはないかな。確かに日本語は、漢字違いがありますからね。けれど、1人でやっていたら合唱ではなく、ソロになってしまいますよね(笑)」

◆江原啓之 今夜の格言
「幸せを語るごとに、幸せが訪れます」
「幸せは与えるごとに、与えられます」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月9日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/oto/

TOKYO FM+

「江原啓之」をもっと詳しく

「江原啓之」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ