実はがんの初期症状?注意すべき夏バテ症状

9月7日(土)12時45分 All About

外気温とエアコンの効いた室内の温度差などから、胃腸が弱り食欲不振になったり、だるさが続いたりしても夏バテの症状だと片付けがちです。しかしこれらはがんの初期症状であることもあります。

写真を拡大

本当に夏バテ? がんの初期症状もあり得る症状とは

職場や訪問先では空調が良くきいていて、体が冷えてしまう。また、汗をかくためか喉も渇き、冷たいお茶をがぶ飲みしてしまう。このような条件が重なって、夏はどうしても体の不調が起こりやすい季節です。

しかし、様々な不調を夏バテと決めてしまう前に、チェックしておきたいことがあります。

ここでは、がんの初期症状を見逃さないための、夏バテ症状チェックポイントをお伝えします。

胃がんの初期症状でもある食欲不振

昼ご飯といえば、そうめんやざるそば、冷やしうどんに冷麺ばかり。夏場はどうしても、食欲が進まない。これは、暑さの厳しい時期、誰しも経験する一般的なことです。

こんな時には、昼間の飲み物は、冷たいお茶やアイスコーヒー。夜は、ビールで乾杯!という風に体を冷やしていることが圧倒的に多いです。

胃腸を冷やすと、何となく食欲が進まず、そのために、また口当たりのよい冷たいものを食べてしまうという悪循環に陥っていることがあります。意識的に、温かいお茶や、温かい麺類などを摂るとともに、夜は、半身浴で体をしっかりと温めることが大切です。

しかし、このような生活習慣の改善ではよくならない場合や、長期にわたって食欲不振が続き、体重減少が見られる場合には、一度、内科の医師に相談してみることをおすすめします。胃がんや胃潰瘍の初期症状も、食欲不振や胃もたれであることが多いためです。

大腸がんの初期症状でもある下痢と便秘

室内はクーラーが良くきいていて寒いぐらい、でも、外に出るとうだるように暑いというこの温度差によって、便通が乱れる方も少なくありません。

食事も冷たいものが多くなり、飲み物も冷たいものを多く飲むため、少し下痢気味になる場合が多くありますし、逆に、食欲低下や体を冷やしたために腸の動きが落ちて、便秘気味になることも少なくありません。

もちろん、診察室では、診察した上で症状に応じたお薬を処方するのですが、それだけでは、実はあまり良くなりません。やはり、原因は冷たいものを摂りすぎているために体の芯が冷えていることですから、先ほど説明したように、体をしっかり温めていくことが大切です。

しかし、下痢や便秘を繰り返すというのは、大腸がんの初期症状にも重なります。特に、便に血が混じっていたり、便が何となく細くなったりしているときには、お早めに、内科の医師にご相談ください。

市販の便秘薬や下痢止めが効かないときにも、是非、医師にご相談くださいね。

がんの症状でもある倦怠感・だるさ

食欲不振もあり、夜もあまりぐっすり眠れない。そんなときには、どうしても体がだるくなるものです。

特に、どうしても暑くて夜通しエアコンをつけた翌朝などは、独特の体の重さがありますね。デスクワークが多い方は特に、体を冷やす傾向が強いのですが、体が冷えると全身の血液の循環も滞りがちになり、どうしても体のだるさが出てしまいます。

しかし、貧血や肝機能障害、また、極めてまれですが、胸に水がたまっているようなときにも、全身倦怠感として現れることがあります。厳しい全身のだるさが続くようであれば、やはり、一度、内科の先生にご相談になることをおすすめします。

いずれにしても、人間というのは不思議なモノで、同じ症状でも「何かこれはおかしい」と思うことが多いようです。「いつもの夏バテではないかも?」と感じられた方は、今回申し上げた症状に限らず、医師にご相談いただければと思います。
(文:狭間 研至(医師))

All About

「夏バテ」をもっと詳しく

「夏バテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ