「アソコと同じ食感?」と話題に セブンの新スイーツを徹底検証

9月7日(土)6時46分 しらべぇ


タピオカ大福

東京・原宿に「タピオカランド」がオープンしたり、富士そばから「タピオカ漬け丼」が発売されたりと、もはや異種格闘技戦に突入した感すらあるタピオカ業界。

最近ではセブン・イレブンから発売された新スイーツの「大きなタピオカみたいな大福(ミルクティー)」が、ネット上で注目を集めている。


■ブームの切っ掛けは…

タピオカのような大福が楽しめるというだけで豪華な商品だが、話題を呼んでいるのはその食感。若い女性を中心に「金玉の感触に酷似している」と評判になっているようだ。

ネット上では「ひやしもちもち金玉」「理想の金玉」というパワーワードまで出現し、多くのユーザーがその食感のトリコに。真偽を確かめるべく、しらべぇ編集部では話題の商品を実食してみた。


関連記事:大人気の「タピオカ漬け丼」 ミルクティー茶漬けにしても絶品だった

■実食すると…

タピオカ大福

開封すると、本物のタピオカが如く黒い光沢を放った大福が登場。早速かじりつくと、なんとも奇妙な食感が伝わってくる。

シュークリームのシューや天ぷらの衣部分を思い浮かべるとイメージしやすいが、タピオカの感触で「薄皮」を作ると金玉がリアルに再現されるようだ。

中にクリームが入っているものの、軽く押したときにやや頼りない反発と共に指を包み込む感触はまさに金玉の生き写しと言えるだろう。


■消えゆくホーデン刺し

2012年に飲食店にて牛のレバ刺しが提供禁止になるなど、食品に関する規制は日々厳しくなっている。豚の金玉は「ホーデン刺し」というメニュー名で長年親しまれてきたが、現在では都内近郊のもつ焼き屋でも取り扱っている店はほとんどないようだ。

しらべぇ編集部ではホーデン刺しを看板メニューに掲げていたいくつかの居酒屋にコンタクトをとってみたが、いずれも「だいぶ前から扱ってないんですよ…」とのこと。ひょっとしたら現在、合法的に金玉の食感を味わえる食品はセブンの大福だけなのかもしれない。


・合わせて読みたい→ストロングゼロを使った『ストロングタピオカドリンク』が激ウマ! おじさんでも飲める味


(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ



しらべぇ

「セブン」をもっと詳しく

「セブン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ