モテ女子が無意識にやっている。彼が即レスしたくなるLINEの共通点

9月8日(日)11時0分 ハウコレ



タイトルの通りです。


ただ、これから書くことはいわゆる「彼の気をひくためのLINEテクニック」的な内容ではありません。


そんな小手先のテクニックではなく、同じ内容が送られて来ても、LINEを返したくなる人とそうでない人がいるって話です。じゃあ、つい返信したくなるLINEを送る彼女は、どんな考えを持ち、どういう行動をしているのでしょうか。


■愚痴や悪口が少ない

LINEで送られてくる愚痴や人の悪口ほど、なんて返したらいいかわからないものはありません。


愚痴や悪口というのは、吐き出す方はスッキリするかもしれませんが、吐き出された方にとっては不快なものでしかない、ゲ◯みたいなものなんです。


そんなものがトーク画面で埋まったら、そりゃもう見たくもないですから、冒頭の文章をチラ見し「うわっ・・・」と感じた瞬間に未読スルーです。


■なんの話題なのかが明確

LINEは普通の会話と違って、なんて返すか?をより深く考える分、脳のエネルギーを使うコミュニケーションツールです。


ということは、相手が「なんて返そうかな?」と考える時間が短いほど、ストレスのないLINEになるということです。


LINEが続かない女性は、「ん?これ今なんのはなし?」と思う会話の振り方をしていることがすごく多いです。話したいことがありすぎて話題をコロコロ変えたり、つい主語を抜かして話してしまったりすると、読み手に考えさせる時間が増えてしまいます。


いちど自分のLINEの内容を見返して、「相手にとって不親切だった内容」がないかチェックしてみるといいでしょう。


■何かしらの話題につなげる(一言で返さない)

これに関連して、自分が聞かれたことだけに答えていて、自分から話題を振らない人とのLINEも、「なんて返そうかな?」と考える回数が多くなるので、返したくなくなります。


例えば彼から「どんな人が好き?」と聞かれて、「わたしは〇〇な人が好きだよ」とだけ返すようではダメです。


そこに一言「〜くんはどんな人が好きなの?」と相手に同じ質問を返すか、「逆に△△な人は嫌いなんだよね」と関連する話題を追加するようにしましょう。


■配慮があって、ゴマすりっぽくはない

相手を気遣ったときにおくる「あ、ごめん、今忙しかったら返事後でいいからね」的なLINE。


これを送る分には全く問題ないのですが、問題はこのLINEの文章から感じる「嫌われたくない」というお伺いをたてるような雰囲気。


彼女を手中に収めたい、束縛したいハイスペ系モラハラ彼氏にはウケるかもしれませんが、まともな男子は「この子自信がなさそうで魅力的じゃないな」と感じます。しかも、この言葉の裏には、逆に「返信を気にしている」みたいな気持ちが見えてしまって、結構重い印象を与えることも。


逆に、サラッとした雰囲気で「忙しいんだ〜、がんばってるね。落ち着いたらゆっくりお茶でも行こう!」ぐらいの気遣いLINEが来ると「この子はこちらの立場を考えてLINEしてくれているんだな」というのが伝わって、逆に返したくなるのです。


■若干の下ネタは受け止める

これは彼との親密さにもよりけりなのですが、若干の下ネタには乗っかってあげたほうが、返信は来やすいです。


男性は多かれ少なかれ割とスケベですから、その辺の「軽さ」を認めてくれる女性の方が、気兼ねなくLINEしようと思えるのが本音です。


もちろん度を越えたようなもの、大して関係性がない中で送って来るものは「セクハラやめて」とぶった切ってもかまいません。


■返信は返ってこなくてもいいという心持ちでいる

そして最後に大事なのは、「1回の返信・1回の既読スルー」などにいちいち一喜一憂しない、ということです。


モテる人は男性でも女性でも、「余裕」のある人=「あなたに好かれなくてもけっこうよ」という雰囲気を感じる人です。


手に入りにくそうなものほど欲しくなるのが人間心理というもの。多少の既読スルーなんか気にしないぐらいの方が、LINEが続くんですよ。


■LINE上手は思いやり上手

LINE上手な人は、総じてみんな「相手を思いやる気持ち」が強いです。


それはつまり、「自分の送ったメッセージがどう思われるか?」ということを考える時間よりも、「どんなメッセージだったら相手が喜ぶか?」ということを考える時間が多いということ。


さらに言えば「自分が望むようなLINEのやり取りになってほしい」という思いより、「相手にとって気持ちの良いLINEのやり取りになってほしい」という思いの方がつよいということでもあります。


彼からのLINEの反応が悪いなと感じる人は、「自分勝手な」LINEになっていないか、もう一度見返してみてくださいね。(川口美樹/ライター)


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ