離婚して気づいた「幸せのカタチ」シングルマザーのポジティブ意見を江原啓之が賞賛!

9月8日(日)11時0分 TOKYO FM+

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、“ポジティブな言葉は幸せを引き寄せる”という江原が、リスナーからのハッピーなメールを紹介します。入院を機に、自分と向き合っている……というシングルマザーに、江原が“ことば”を届けました。


江原啓之



◆離婚前は大きな家で裕福に暮らしていましたが…
「1週間入院する事になり、この機会だからテレビは観ずに、お見舞いも家族のみにして、神様がくれた1人の時間と思い、静かに自分と向き合っています。消灯が早すぎてテレビも見ていないので、大好きな江原さんの番組を観たり、本を調べていたところ「おと語り」にたどり着き、毎晩暗い病室で聞いています。

すっかり「おと語り」の虜で消灯後の暗い病室で、1人でクスクス笑っています。私はひとり親で、離婚後40歳のときに自営業を始めました。離婚前は大きな家に住み、裕福に暮らしておりましたが、離婚後は真逆。小さなアパートで2人の息子と3人で暮らしております。

それはそれで楽しい事もあり、起きて3歩で台所、手を伸ばせば大抵の物に手が届きます。1度で部屋を見渡せるし、冷房は1台で全部冷えるし、掃除も楽。いろんなことが短縮できて楽しんでいます。

次男が中学3年のときの話です。近年引きこもりの事件が多く、姉が遊びに来たので、2人で引きこもりについて語っていました。姉がふと次男に“あんたも引きこもりにはならんでよ”と言ったら次男がひと言“引きこもれる部屋がねぇ”。確かに! と姉と大爆笑。なるほど〜と、納得と共に笑い声が響いた1日でした。

息子たちは野球部で毎日夜遅くまで練習。真っ黒になり頑張っています。我ながら良い子に育てたなぁと、自分を誉めてあげたいです」

◆江原からの“ことば”
「良いお話ですね。引きこもれる部屋がないと、引きこもりになれない。おっしゃる通りだと思います」

◆江原啓之 今夜の格言
「幸せを語るごとに、幸せが訪れます」
「幸せは与えるごとに、与えられます」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月9日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/oto/

TOKYO FM+

「江原啓之」をもっと詳しく

「江原啓之」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ