好きな人がいるのに、なぜか職場で「恋愛対象外」になってしまう女性の特徴4つ

9月8日(水)14時0分 yummy!

「職場で恋愛対象に見られたくない」という人は多いでしょう。
職場には仕事をしにきているのに、仕事だからという理由で笑顔で接している相手から好意を寄せられ、気持ち悪いと感じたり、会社にいづらくなったりする人も珍しくありません。
ただ一方で、職場に好きな人ができたため、できれば相手からは「恋愛対象内」だと思われたい、という人もいます。
今回は、職場に気になる方がいる人向けに、「この人とは恋愛はできない」と思われないためのヒントをご紹介します。
職場で恋愛対象外になる女性の特徴をご紹介しますので、反面教師としてご覧ください。

目次

職場で恋愛対象外になる女性の特徴1 仕事をしない

仕事をサボって、関係ないサイトばかりを見ていたり、給湯室や休憩室でぶらぶらしたり、昼休みの時間を大幅にすぎても戻ってこなかったり、といった、仕事に対してやる気がない態度は、悪印象を与えこそすれ、いい印象にはなりません。
職場で好意を得るためには、最低限しっかりと仕事をする必要があるのです。

職場で恋愛対象外になる女性の特徴2 恋愛の話ばかりしている

恋愛の話ばかりしている人が恋愛対象になりにくい理由はふたつあります。
ひとつは、職場で恋愛の話ばかり=仕事にやる気がないと思われてしまい魅力が半減するから。
ふたつ目は、自分と恋愛関係になった場合、ペラペラしゃべって社内で噂になる、と危機感を覚えるからです。職場に好きな人がいる場合は、恋愛話は控えた方がいいでしょう。
逆に、狙われたくない相手がいる場合は、恋人がいる話をして牽制するのもアリです。

職場で恋愛対象外になる女性の特徴3 媚びる、無料キャバ嬢になる

職場の上司や先輩に媚びたり、無料のキャバ嬢のように、飲み会でお酌をしたり笑顔で話を聞いている女性は、本気の恋愛の対象外になりがちです。
なぜなら、性的な好意がない相手をヨイショしたり、媚びたりする女性を魅力的だと感じるまともな男性はいないからです。

職場で恋愛対象外になる女性の特徴4 上司を好きになったのに自分から動かない

社会人は、会社に仕事をしにきているので、職場で好きな人ができても、気持ちをセーブしがちです。
とくに、上司が部下を好きになってしまった場合、好意を伝えることがセクハラやパワハラに当たると考えるため、自分からアプローチできない、と考える人も少なくないのです。
ですから、上司を好きになってしまった際には、自分からアプローチするしか道はありません。まっとうな倫理観を持った人ほど、部下を自分から口説こうとはしないものです。

職場に意中のひとがいるなら、自分から動こう(ただし、部下はNG)

職場に意中のひとがいるなら、自分から動きましょう。待っていても何も始まりません。
ただし、好きな人が後輩や部下の場合は、自分からアプローチしてはいけません。なぜなら、意図しているかいないかに関わらず、そこには力関係があり、ハラスメントだとみなされる可能性があるからです。
(今来 今/ライター)

yummy!

「職場」をもっと詳しく

「職場」のニュース

「職場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ