【デート】お色直しで、彼氏に、2回「かわいい!」って思われよう!

9月9日(月)10時0分 ハウコレ



どうもあかりです。
披露宴っていいですよね。登場時の衣装・化粧がただでさえかわいいのに、お色直しでもう一回新しいかわいさを身にまとうことができるんですから!


ここでひとつ思いました。これは、デートにもあてはめることができる・・・と。
ということで早速本題に移ります!今回は、この披露宴のお色直しにインスパイアされた私が、デートで使える「お色直し」テクを開発しましたので、いくつかご紹介します。


■■「化粧直し」で彼氏に本気度をアピール

まずはお手頃な「お色直し」テク、「化粧直し」です。
男性から「デート中にご飯終わって店出ようとしたら彼女がトイレから出てきて、リップとか塗り直してて、それ見てなんかドキッとした」みたいな意見を多数聞いたことがあるので、これは活用できそうです。


とくに「これからキスあるかも」みたいな予感がしたときには、リップの塗り直しは必須でしょう。うん、かわいいです。


しかも、「実際に化粧直しの前後でどれだけ顔が変わったか」に関わらず、化粧直しをしたという事実が、「俺とのデートに本気なのかも」と思わせてくれる。男性のツボを押さえることができます。


■■お酒で「安心しきったようす」を見せる

お酒は飲んでも飲まれてはいけませんが、節度を守ってであればOK。酔いに任せて砕けたムードになるのもかわいいですし、顔が赤くなり、性格もほわほわといい意味でだらしなくなるのもかなりかわいい。


しかも、彼の前で酔っぱらうということは、「それだけ俺のことを信頼してくれてるんやなぁ」というふうに感じさせることができますので、交際前や交際初期のデートでは、この意味でも有効だったりします。


■■心も体も、少しずつ彼に接近させよう♡

今現在お付き合いをしていようとしていまいと、なんだかんだ、デートってドキドキと緊張がありますよね。


でも、序盤の微妙な距離感を引きずってしまってはもったいない。会って1時間ほど経ち、「よし、慣れてきた」と感じたあたりで、物理的にも心理的にも彼にグッと接近して、「え、なんか急にベタベタしてきたんだけど(笑)」といい意味での戸惑いを与えましょう。


最初はちょっとぎこちなかった彼女が、デートを通じて打ち解けていくという「お色直し」でした。


■■愛おしくなる!別れ際は「寂しい」しぐさをして

「もう緊張やドキドキがあんまりない」という関係性でも、使える「お色直し」はありますよ。


これまで話したような、テンションを徐々に上げていくという意味でのものではなく、デートが終盤に向かうにつれて、だんだんとバイバイの瞬間を想像してテンションが下がる・・・という行動。これはとてもかわいくて、愛おしいです


最初はあんなに元気で笑いまくっていたのに、バイバイする頃にはしょんぼり、なんて、彼としてはやはり嬉しいものじゃないでしょうか。


もちろん別れ際に本気で駄々をこねてはいけませんが、ちょっと寂しそうにするくらいなら、彼もグッと引き込まれるでしょう。


■■服装のギャップがずるい。部屋着で本当の「お色直し」

デートでは、実はガチの「お色直し」をできるチャンスが一つだけあります。
それがお泊りデートでの、部屋着へのお着替えです。


私たちが基本的にまず注力するのが外で着る洋服だと思うんですが、ルームウェアやパジャマに対して男子が抱く期待は、外で着る洋服への期待と同じレベルで高いんです。


もしあなたが外デートではピシッと決めた服装なのに、部屋着ではやわらかくてキュートなイメージに変わったとしたら・・・。彼は「俺だけにこの無防備な姿をみせてくれるんだ」と感動しつつ興奮します。ぜひ彼の心を撃ち抜いちゃってください。


■■おわりに:いつまでもかわいい彼女でいよう

これらのテクを実行することで、もしかすると、1回のデートで2回以上の「かわいい」を見せられるかもしれません。


ただ、なるべく一度にすべての方法を試さずに、少しずつデートで取り入れて、彼をドキッとさせてみてください。いつまでも「めっちゃかわいい!」と思われる彼女でいる努力を忘れないでてくださいね!(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「デート」をもっと詳しく

「デート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ