コンビニパスタを食べ比べ - 2019年秋の新作は実力派揃い!

9月10日(火)10時39分 マイナビニュース

まだ暑い日があるものの、暦の上では秋が近づいてきた! 食欲の秋に向け、コンビニ各社からは新作のパスタが登場している。コンビニのオリジナルパスタは、定番商品だけでなく季節に合わせた季節限定のものもあり、迷ってしまうほどラインナップが豊富。そこで今回は、大手のコンビニ3社のイチオシパスタを実食。注目の新作パスタをご紹介する。

○セブン‐イレブンは王道「ミートソース」をリニューアル

セブン‐イレブンがイチオシパスタとして挙げたのは「肉の旨味! ミートソースパスタ」(税込399円)だ。ミートソースパスタといえばパスタの代表格で、老若男女に好まれるオーソドックスな味。同店では常時8種(店舗や地域により異なる)ほどのパスタを販売しているが、中でもミートソースは約10年前から販売してきた定番商品で、今年9月に全面リニューアルしたという自信の一品だ。

まず、「肉の旨味!」とうたっているパスタなので、ミートソースだけを一口食べてみた。見た目の印象以上に、ひき肉がゴロゴロと入っているのがわかる。ソースはトマトのフレッシュな酸味を残しつつ、牛肉の旨味が濃く感じられる味わい。パスタにはソースがよく絡み、食べ進むとひき肉もバランスよく口に入ってくるので、スイスイと食べられる。パスタはほどよい歯ごたえを残していて、ツルンとのど越しもいい。

「産地や部位まで指定した良質な牛肉を厳選し、下味をつけたひき肉をまとめて崩さずにしっかりと焼くことで、牛肉が持つ旨味や脂を逃さずに凝縮した、濃厚なコクと旨味が楽しめるミートソースに仕上げました」と話すのはセブン‐イレブン・ジャパン 商品本部デイリー部 後 智明(うしろ ちあき)さん。さらに、ソースとパスタの味のバランスにも工夫しているのこと。「原材料から製法までこだわり抜いた、オリジナルパスタを使用しています。牛肉の濃厚な旨味が特徴のミートソースの味わいに負けないよう、通常の麺よりもやや太めに仕立てた専用の『ミートソースのためのパスタ』を開発しました」(後さん)。

馴染みのある味だけにごまかしの利かないミートソースだが、この値段で肉の旨味を堪能できると考えると、手軽でとてもコスパがいいと感じた。しっかり食べたいランチや、一人のディナーにも活用できそうだ。

【セブン‐イレブン「肉の旨味! ミートソースパスタ」のポイント】

・定番パスタ「ミートソースパスタ」を全面リニューアル
・牛肉の旨味を濃縮したコクのあるミートソース
・ミートソースとのバランスを計算された専用パスタを使用

○ローソンからは生パスタ使用の濃厚カルボナーラ

ローソンからは「もちプリッ! フェットチーネ濃厚カルボナーラ」(税込480円)を紹介する。同店では、今年9月に「もちプリッ!」食感の生パスタ使用の4商品がラインナップに加わった。その中でも、カルボナーラがイチオシとのことだ。

まず注目の麺から。生パスタのフェットチーネはたまご麺なのできれいな黄色で、ツヤっとしている。一口食べてみると、フェットチーネらしいしっかりした歯ごたえ! もっちりしているのに重すぎず、プリプリッとした舌触り。カルボナーラソースはチーズとたまごのコクがほどよく濃厚で、角切りベーコンがアクセントになっている。たっぷりとトッピングされた粗挽きブラックペッパーとパルメザンチーズが香り、食欲をそそる。半生のたまごは崩すとトロリと黄身が溶けだし、よりまろやかな味になるので、飽きることなく完食してしまうおいしさだ。

「生パスタのフェットチーネは、オリジナルの配合で作っています。たまごも含まれていてプリッとのど越しがよく、もっちりとした食感が特徴です。カルボナーラソースはこれからの季節に合うように、生クリームの分量を従来より増やし、より濃厚な味わいに仕上げています」(ローソン 中食商品本部 デイリー部 熊谷京子さん)。クリーミーなカルボナーラソースは濃厚なのに重すぎず、フェットチーネとの相性もバツグン。

チーズやブラックペッパーの香りがよく、半生のたまごも添えられて、贅沢な味わいの一品。ゆっくりランチを楽しみたい日におすすめのパスタだ。

【ローソン「もちプリッ! フェットチーネ濃厚カルボナーラ」のポイント】

・オリジナルで配合した生パスタフェットチーネ使用
・生クリーム使用量を増やした濃厚カルボナーラ
・トッピングが豊富で、飽きないおいしさ

○ファミリーマートは生パスタの本格ボロネーゼをイチオシ

ファミリーマートでは常時約15品(店舗や地域により異なる)のパスタを販売中だ。少量の「リトルパスタ」や大盛まで幅広く取り扱う中で、ひときわ本格的な一品を8月末に発売。「生パスタ ソースたっぷりボロネーゼ」(税込450円)だ。

フタを開けたとたんにボロネーズソースのいい香りがして、期待が高まる。ソースを一口食べてみると、その味わいの奥深さに驚いた。トマトや玉ねぎだけでなく、デミグラスソースを組み合わせていて、牛ひき肉の旨味もしっかり感じられる。生パスタは通常の太さでありながら、もっちりとした歯ごたえ。濃厚な旨味は贅沢感たっぷりで、コンビニで買ったパスタとは思えないほどだ。

ファミリーマート商品・物流・品質管理本部デリカ食品部 調理パン・調理麺グループ 高橋香織さんによると「ボロネーゼソースには牛ミンチや玉ねぎ・デミグラスソース・トマトペーストに、隠し味としてバルサミコ酢から作ったガストリックソースを加えました」とのこと。ガストリックソースとは、酢と砂糖に水を加えてからカラメル状に煮詰めたもので、フランス料理の隠し味にも使われるソースだ。だからこそ、奥深い味わいとなったようだ。

さらに、「麺は1.8mmのオリジナル配合の生パスタです。8月下旬より、小麦粉の配合を見直し、今までの生パスタよりも、もちもち食感になるよう、改良を行いました」(高橋さん)。

奥深くて本格的なソースをたっぷり味わえるのがなんともうれしい。ガッツリ食べたいときにはバゲットを添えて、ソースを堪能してもいいかもしれない。

【ファミリーマート「生パスタ ソースたっぷりボロネーゼ」のポイント】

・ソースがたっぷり! ガッツリ食べたいときにおすすめ
・デミグラスソースやガストリックソースを配合した味わい深いボロネーゼソース
・もっちり食感の生パスタ使用

忙しいときのランチに便利なコンビニパスタは、どれも工夫が凝らされていて、オリジナリティがあるので、食べ比べてみるのも楽しい。日々進化している新しいコンビニパスタ、ランチの際にチェックしてみては。

※価格はすべて税込

マイナビニュース

「パスタ」をもっと詳しく

「パスタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ