三浦春馬“結城”と比嘉愛未“すみれ”、意外な初デートに「可愛すぎ」の声…「TWO WEEKS」第9話

9月10日(火)23時35分 シネマカフェ

「TWO WEEKS」第9話 (C) カンテレ

写真を拡大

三浦春馬芳根京子比嘉愛未、三浦貴大、磯村勇斗高嶋政伸、黒木瞳らが出演する「TWO WEEKS」の第9話が9月10日放送。8年前、すみれとの“最初のデート”でみせた結城の意外な一面に視聴者から「可愛すぎ」という声が上がっている。

悪徳実業家・柴崎要の殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地を三浦さんが演じ、結城が白血病の娘の命を救うため2週間の逃亡劇を繰り広げる…という本作。

結城に協力する新米検事・月島楓を芳根さんが、8年前、結城との子どもを身ごもった青柳すみれを比嘉さんが、骨髄移植が必要な結城とすみれの娘・はなを稲垣来泉が、すみれとはなのため結城の逃亡を助け柴崎の悪を暴こうとする有馬海忠を三浦さんが、柴崎の指示で動く殺し屋の灰谷を磯村さんが、柴崎要を高嶋さんが、柴崎を使い自らの理想を叶えようとする国会議員・久我早穂子を黒木さんがそれぞれ演じている。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
柴崎の自宅に潜入した結城は、そこで釈放された柴崎と遭遇するが、柴崎は結城を逃がす。「お前が一番苦しむ方法で殺してやる」という不気味な一言と共に…。

結城は早穂子に重度の心臓病を患った息子がいると知り、楓の力を借りて早穂子とコンタクト。自分の命を引き換えに手術を受けさせてもらうよう頼み込む。その取引は成立したが、柴崎は早穂子からの指示を聞かず、すみれを拉致、結城を呼び出す。

楓、有馬にすみれが拉致されたことを伝えた結城だが、今度ははなが拉致され、柴崎は結城にすみれとはなのどちらかの命を選ぶ“究極の選択”を迫る…というのが今回のストーリー。


今回は拉致されたすみれが回想した8年前、結城とすみれの出会いと初デートのシーンに多くの視聴者が反応。助けてもらったお礼にすみれが渡したのはホラー映画のチケット。怖がりながら映画を鑑賞する結城の姿に「ホラー映画にビビる結城がかわいかった」「春馬くんホラー映画でビビってたシーンウケた」「結城はホラーが苦手(可愛すぎむり)」などの声が。

また「誘うのがホラー映画ってスゴいな、すみれさん」「ホラー映画って、吊り橋効果を狙ってなのかしら?」など、初デートにホラー映画を選んだすみれにも多くの視聴者がコメントを寄せている。

柴崎を止められなくなった早穂子は独自の行動を開始、さらに早穂子の病気の息子に関する何かに気付く楓。究極の選択を迫られた結城はどんな決断をするのか…ついにファイナルを迎える「TWO WEEKS」最終話は、9月17日(火)21時〜フジテレビ系で放送予定。

シネマカフェ

「デート」をもっと詳しく

「デート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ