「自分を持っていて自信がある」男と付き合うカギは「ブランディング」にある!

9月11日(水)14時0分 ハウコレ

ソファに座る笑顔の女性

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。自信がなくて自分の意見を持っていない人より、自分に自信をもっていてその人なりの考えがある男の方が、魅力的ですよね。
もしあなたが、こういう男を好きになってしまったとしたら、どんな風にアプローチすればいいと思いますか?
その答えのヒントを、今日は紹介していきます。


■1、まずは「自信のある男」の本質を知ること

自分なりの軸と自信を兼ね備えた男は、今まで生きてきた中で培った自分の必勝パターンを持っています。自分に自信を持っているということは、裏を返すなら、ほとんど自分が手に入れられないものはない!と考えている。
恋愛に話を広げるなら、少し大げさな言い方かもしれないけれど「自分が口説けば落ちない女はいない」ということ。


■2、軸のある男の恋愛は「手強い女性」ほど燃える!

 じゃあ、こういう男性は恋愛において、どういうモチベーションをもとに動いているのでしょうか?


 それは「手に入れにくいものほど、手に入れた時の達成感が大きい」ということ。もっとわかりやすくいうと、簡単に落ちる女性より、「ちょっと手強そうだな」と思わせる女に魅かれてしまうわけです。


 だから、自信のある男を落としたいなら「手強そうな女」というブランディングをするととても効果的。


■3、「手強そうな女」の特徴は?

具体的に、手強そうな女のブランディングを教えましょう。
「わたしは手強い女よ」とドストレートに言うのもまあアリでしょう(苦笑)。


でも、もっと自然に男に刷り込みたいですよね。そのためにはまず、男がイメージする「手強そうな女」を連想すること。


具体的な特徴と言うとは、
・真面目
・ガードが堅い
この2つの要素で集約されます。ということはですよ、彼との会話の中で、「真面目」「ガードが堅い」というイメージを連想させるフレーズを会話の中に盛り込めばいいんです。


 「真面目」なら、「わたし、チャラチャラした男が好きじゃない」。
 「ガードが堅い」というイメージを連想させるフレーズは、「なかなか惚れない」「好きにならないとエッチしない」など。


 こういうフレーズを聞くと、普通の男ならテンション下がりぎみになります。がしかし、自信のある男なら、「燃えるぜ!」と、高ければ高い壁を登りたくなってしまうんです。


■4、「なかなか付き合えない」女性でいよう

この、「手強い女のブランディング」を演出することで、必然的にこの男と結ばれたあとも、大事にされる傾向がある。


なぜなら、男は、お金や時間、さらにはその女性を落とすために費やした労力を回収したいと本能的に思っているから。つまり、落とすために苦労した女ほど寵愛される。


逆に言うと、簡単に付き合うことができた女性との関係は切れやすいということです。


■最後に:好きな男性のタイプを見てからやってみて

「手強い女のブランディング」方法は、もちろん相手の男のタイプを見て、使うか使わないか判断すべきです。


外見から「自信」がにじみ出ている男もいれば、「自信」を内に秘めた男もいる。内に秘めたタイプは、何かと自慢するトークが多いかどうかで判断するといいですね。


とにかく、自信がある男は魅力的です。自分をはっきりと持っていて、決断力もあるでしょう。あなたが好きになった男がもしこういうタイプなら、今回紹介したことをぜひ試してみてほしいです。


ツイッター(@tetuya_1976)でも情報発信しています。気軽にのぞいてみてください。(TETUYA/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ