信用していいものなの? やたらと「褒めちぎってくる」男性の本心とは?

9月11日(土)9時0分 yummy!

男性から褒められたら、もちろんうれしいでしょうが、あまりにも褒めちぎられると疑問も生じるかも。
信用してもいいものなのか、それとも何か魂胆や裏があるのか、不安になってしまうこともあるでしょう。
そこで今回は、やたらと「褒めちぎってくる」男性の本心について紹介します。

目次

「好意」を抱いている

「好きな女の子のことは、褒めて褒めて褒めまくります。それが一番のアピール方法だと思うし、褒めて嫌われることなんてまずないですからね」(20代・男性・アパレル)
気になっている女性に対しては、「好かれたい」「嫌われたくない」「印象を良くしたい」という思いが強く働くもの。
だからこそ、できるだけ褒めたり、前向きな言葉を投げかけたりしようと、男性は本能的に思います。
ほかの女性にはそんな姿を見せないのに、あなたのことは褒めることが多いのなら、それは好意の表れの可能性が高いですよ。

「本心」でそう思っている

「いいなとかすごいなって思ったときには、素直に誉め言葉を伝えちゃいます。特に何も考えずに、そのまま口から出ちゃっているような感じですね」(30代・男性・WEBディレクター)
自分が感じたことや思ったことを素直に口にするタイプの男性も存在します。
特に「褒めている」というつもりではなく、本心でいいと感じたから、その気持ちをそのまま言葉にしているだけ。
そういった男性からの褒め言葉は、あなたも変に疑わずに素直に受け取るようにすると、いい関係性を築いていけるでしょう。

「見返り」を求めている

「ちょっとお願いしたいことがあるときとかには、まずは褒めて気分を良くさせようとするかも。ずるい手ですが、やっぱりそれが効果が大きいんですよね」(20代・男性・広告代理店)
急に必要以上に褒めちぎってくる男性は、何かしらの「見返り」を求めている可能性も高いです。
普段はあまり褒めない男性が褒めてくるのなら、ちょっと怪しんだほうがいいかも。
うまい言葉に乗せられて、面倒なことに巻き込まれるようなことにならないように、気をつけてくださいね。

「下心」がある

「下心があるときには、誉め言葉を多く発している気がします。そうやって少しでもガードを緩めてもらおうと本能的に思っているんでしょうね」(30代・男性・税理士)
男性が女性のことを褒めちぎるときは、「下心」が全開になっている場合もあります。
「なんとかして落としたい」という思いが大きくなり、とにかくまずは褒めるということに徹するのかも。
特に、お酒を飲んでいるときや2人きりになったときの褒め言葉は、下心が強く働いているケースが多いので、簡単に鵜呑みにしてはいけませんよ。

さいごに

急に褒めちぎってくる男性に対しては、どういった思惑があるのか、見極めることも大切です。褒めて乗せて都合良く扱おうとする男性もいるので、その点だけは十分に注意してくださいね。
(山田周平/ライター)

yummy!

「もち」をもっと詳しく

「もち」のニュース

「もち」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ