「あなたが好き♡」だけじゃない!たまには変化球で、彼氏に愛情表現する方法

9月12日(木)8時0分 ハウコレ

見つめ合うカップル

どうもあかりです。
恋愛は、「好き」と伝えたもん勝ち。
・・・というのは、みなさんもなんとなく分かると思います。両想いでは特に、相手から「好き」と伝えてもらえればもらえるほど、自分も相手のことをより強く「好き」と思うようになりますよね。


だけど、超ストレートに「ねえ、好きだよ!」って言うと、逆に「どうしたの?」ってびっくりされるだけかもしれないから、伝えるのって意外と難しい。


だからこそ、もうちょっと変化球的に「好き」を伝える方法を知っておくことが大切。野球でも、球種が多いピッチャーは、打たれない!(野球知らんけど)
というわけで、「あなたが好き」以外の方法で、男子に愛情表現する4つのパターンを見ていきましょう。


■■男子の「行動」を好きだと伝える

まずは「行動」から攻めましょう。


彼があなたにしてくれた具体的な行動。
・デートでは(どれだけ財布が苦しくても)ごちそうしてくれる
・車道側を歩くなど、気遣ってくれる
・なでなでしたりして甘えさせてくれるやさしさがある


そういった胸キュンな彼の行動が発動したときに、「好きだよ」と彼の人格を直接指して言うよりも、「そういう行動が好き」(「好き」と使わず、「その行動がかっこいい」とかでも全然OK)と具体的な行為を指して言ってみる。


これのメリットは、
①「好き」と言うハードルが低いこと
②行動ベースで「好き」を作ると、「あなたが好き」と言うよりも「好き」を伝えられる回数が増えること
・・・です。


まずはここからやってみましょう。


■■「デートで一緒に過ごす時間が好き」もアリ

「行動」をもう少し広げてみると、好きな人と過ごすそのデートの時間全部が好き、とも言えるはずです。


毎回言うのもくどいけど、何回かに一度、
・「こうして会えるのがいつも楽しみ!」
・「デートしてる時間がすごい好き」
的なことを伝えてあげられたら素敵ですね。


男子は、両想い前提の「彼氏」「彼女」という関係であっても、やっぱり相手が自分とのデートを本当に心から楽しんでくれているかどうか、不安に思っているものです。


そういうときにあなたが「デートの時間が好き」と言えば、彼の不安を吹き飛ばせます。
そして、彼があなたとのデートに対してもっと積極的に張り切ってくれるようになってくれたらいいですよね。


■■「あなたと付き合っている今の自分が好き」は最高の褒め言葉

交際中、毎日を幸せに生きることができている、言い換えて「彼と付き合っているおかげで、今の自分が大好き」と感じることもあるはずです。


彼とのデートが楽しみなおかげで仕事もがんばれていたり、彼のおかげでもっとかわいくなろうと自分磨きできていたり。


それって、自分自身も最高ですが、彼にとっても最高なことです。だって、「自分と付き合っていることが相手の幸せにつながってる」って、これ以上嬉しいことはないわけじゃないですか。


「今の自分を好き」と伝えることは、同時に「あなたのことが大好き」と何よりも強く伝える一言になるわけです。
それに、「あなたが好き」と言うよりも全然恥ずかしくない。


ぜひ、じゃんじゃん伝えてあげてください。


■■「のろけ話しちゃった」で愛情が伝わる

褒め言葉やディスりは、本人に対して直接言うよりも、第三者に対して言うほうが、信ぴょう性があるんですよね。


他人経由で聞く悪口ほど凹むものはないし、逆もそうでしょ?


これを利用して、じゃんじゃん他の人にのろけてください。
そして、そのことを彼にも伝えてあげましょう。「この前〇〇ちゃんに会ったとき、めっちゃのろけて怒られた(笑)」とか「飲み会で彼氏の話したら質問攻めにあった!」とか。


「他の人にのろけられるほど、俺のことを認めてくれてるんだ」という気持ちは、やっぱり嬉しい。
好きじゃない彼に対して、直接ならお世辞程度に「好き」とは言えても、第三者に対して嘘ついてまでのろける人はいませんからね。


■■おわりに:自分ができそうな行動からやってみて

これでみなさんは4つの変化球を覚えましたね。おめでとうございます!


・男子の「行動」を好きだと伝える
・「デートで一緒に過ごす時間が好き」もアリ
・「あなたと付き合っている今の自分が好き」は最高の褒め言葉
・「のろけ話しちゃった」で愛情が伝わる


これからは、「あなたが好き!」という直球を適宜織り交ぜながら、あなたなりの配球で彼からストラックアウトを奪っていただけることを祈ってます。(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)
(古泉千里、小南光司/モデル)


ハウコレ

「たま」をもっと詳しく

「たま」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ