「別れ」なんてありえない!カップルのケンカを減らし、彼氏と仲良くなる方法

9月12日(木)9時0分 ハウコレ

彼の服を引っ張る彼女

こんにちは、美佳です。
「仲がいいほどケンカする」というように、大好きな彼と付き合っても、時にはケンカをしてしまうもの。


けれど、本音を言えば彼とケンカなんかしたくないですよね。
そこで今回は、彼とのケンカをムダにせず、同じ過ちを繰り返さないためのポイントを述べたいと思います。


■お互い譲れないことを把握し合う

交際において“お互い譲り合いが大事”とも言われますが、誰にだって譲れないことの一つや二つありますよね。


正直、本当に譲れない部分は、相手が好きな人であれ譲れないと思うんです。
譲り合いも大事ですが、お互い相手の譲れない部分を知って、そこをなるべく侵さないようにすることが大事かと。


例えば、読書が大好きで、土日のどちらかはどうしても一日中読書したい彼に「デートする時間減るじゃん!読書時間減らしてよ!」だの、読書を制限するようなことを強要してしまうのはケンカのもと。


あなたにとっては「どうでもいいこと」でも、彼にとっては超重要なことってたくさんあります。それは逆も然りなので、把握し合うことでトラブルを回避しましょう。


■「これはNG」というお互いの地雷を知っておく

譲れないことを知っておくのもそうですが、お互いの怒りのポイントを知っておくのも大事です。




付き合っていたら、あなたの些細な言動で彼が不機嫌になってしまうこともありますよね。
あなた的には『え?こんなことで不機嫌になるの?』というポイントでも、彼からしたら地雷だというケースは、決して珍しくありません。


彼が不機嫌になることを繰り返す、もしくは強めにやると、彼の怒りを招いて最終的に爆発させてしまいます。
ひどい場合には別れ話になることもあるので、お互い不機嫌になるポイントは「言葉で伝え合って」気をつけるようにしたほうがいいです。


■日々のストレスを溜め込まない

些細なケンカって、どちらか、もしくはどちらもストレスが溜まっていて気持ちに余裕がなくなった結果、起こることもありますよね。
ストレスからくる八つ当たりでケンカに発展・・・・・・というのは防ごうと思えば防げるはず。


一番いい方法はシンプルですが、日頃からストレスを溜め込まないこと。


仕事や友人関係などで、知らない間に小さなストレスが溜まることもあります。そういうときの発散方法のひとつとして、彼とのデートを楽しむのもいいと思います。
でも、デートやLINEで彼とケンカする可能性もあるので、彼と会わない時間を作ってストレスを発散させるのも大事です。


・カラオケ
・友達との買い物
・友達との電話
・おいしいものを食べる
などの、自分にとってベストな発散方法を見つけてみてくださいね。


■かたちだけの「仲直り」ではなく、問題解決もする

みなさんの中に、毎回同じことでケンカしてるカップルはいませんか?
ケンカの原因やきっかけがいつも同じって、お互いうんざりしますよね?けど、なぜ繰り返してしまうのでしょう。


恐らく仲直りの際、ケンカの原因になった問題を解決できていないからだと思います。




確かに、ケンカになった原因をとことん話すのって、ちょっと気まずいですよね。だから、原因や問題の真相には触れず、なんとなーく「ごめんね」と仲直りしてしまうカップルも多いはず。


けれど、それではまた同じことでケンカしてしまいます。ケンカを減らしたいのなら、「仲直り」をゴールにするのではなく「問題解決」を最終目的にしてほしい。


例えばケンカした都度
・なぜそう思うのか
・どうしたらそれを解決できるのか
・ネックになっていることは何か
などをしっかり意見し、問題解決に努めましょう。


■おわりに:カップルで、相互理解を深めよう

さて今回は、ケンカに向き合いながらも、同じことを繰り返さないためのヒントを紹介しました。


ケンカが多いと疲れるし、別れに発展することもあります。しなくていいケンカをしないよう、
・お互い譲れないことを把握し合う
・日々のストレスを溜め込まない
・かたちだけの「仲直り」ではなく、問題解決もする
以上の3つを意識して、二人の関係がいい方向に向かう努力をしていきましょう。(美佳/ライター)


(ハウコレ編集部)
(兼島彩香/モデル)

ハウコレ

「ケンカ」をもっと詳しく

「ケンカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ