博多の定番メニューがスナックに 「ポテトチップス とり皮味」

9月12日(木)15時0分 J-CASTニュース

福岡らしさ満載の1袋

写真を拡大

カルビーは、「ポテトチップス とり皮味」を2019年9月23日に期間限定で発売する。



甘辛いタレの味、とり皮の脂の旨み


同社は17年に「ラブ ジャパン」プロジェクトを発足し、47都道府県の味のポテトチップスを順次限定発売してきた。19年度の第1弾は、福岡県の博多で焼鳥屋の定番メニューとして親しまれているという「とり皮」の風味を再現。インターネット上で募ったアイデアをもとに、福岡県庁で地元民とともにワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定した。


袋を開けると、タレを少し焦がしたかのような香ばしい香りが広がる。甘辛いタレの味の後に、とり皮の脂の旨みも楽しめる。パッケージは、背景に中洲の夜景の写真をあしらい、絵葉書のようなデザインに仕上げた。裏面では、全国有数の酒どころである福岡の酒を紹介している。


福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の8県で販売。また、カルビーアンテナショップでも取り扱う。

J-CASTニュース

「ポテトチップス」をもっと詳しく

「ポテトチップス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ