リンゴがふわっ 世界初の「コカ・コーラ アップル」飲んでみた

9月12日(木)14時0分 おたくま経済新聞


 9月16日から期間限定で日本コカ・コーラ株式会社から新フレーバー「コカ・コーラ アップル」が登場します。定番のコカ・コーラ味にリンゴが香る、世界初のフレーバーだそうです。そこで、販売開始に先駆けて、一足お先にお味見させてもらいました。



 リンゴは世界中で愛されていますが、日本独自の品種も多く、秋からの旬のくだものとして日本の食卓にもよく上がります。甘酸っぱくフレッシュな味わいのリンゴと、定番のコカ・コーラの味わいがどんな感じになるのか……。リンゴがラベルにドーンと入ったデザインは、シュワっとした炭酸ぽさを感じさせる気泡がポイント。





 まずは、よく冷やしたボトルの蓋をひねりプシュ!見た目はごく普通のコカ・コーラと同じですが、開けたところからふんわりとリンゴの香りが漂います。グラスに注ぐとコカ・コーラとリンゴの香りが入り混じったような、何とも甘酸っぱい香り。はやる気持ちを抑えつつ、まずはひと口。



 口に含んだとたんに鼻に抜ける、リンゴの香り。そして味わいはコカ・コーラのベースの上に、リンゴがキレイに乗っかっている、という印象。そしてカクテル好きな筆者は思ったのでした。クセの少ない蒸留酒と合わせるといい感じになりそうな予感。ライブバーとかでメニューにあったらたらまずこれ注文しそうな気がする……。それぐらいバランスの取れた良い香りと味わいです。

 一口では結局物足りず、グイっとグラスを一気に開けてしまいました。のど越しはいつものコカ・コーラの炭酸が効いた爽やかさ。そこにリンゴの爽やかさもプラスされて、これは個人的にはかなり好み。飲み干した後に「ふうっ」と息をつくと、コカ・コーラの後味にリンゴが香って、ちょっと不思議な気分。



 行楽のお供やハロウィン、運動会後のお疲れ様会にも相性が良さそうな「コカ・コーラ アップル」。個人的には発売されたらまた買って飲んでみようと思いましたし、期間限定じゃなきゃいいのになーとも思います。

 なお、「コカ・コーラ アップル」の発売にあわせて、「コカ・コーラ アップル」が当たるSNSキャンペーンが9月5日から23日の期間で開催されています。対象となるのは、「コカ・コーラ」公式Twitter アカウント(@CocaColaJapan)と、公式Instagram アカウント(cocacola_japan)。どちらかのアカウントをフォローの上、対象投稿をTwitterならリツイート、Instagramならいいねをすると応募完了となりますよ。



<製品概要>

■製品名:「コカ・コーラ アップル」

■品名:炭酸飲料

■原材料名:果糖ぶどう糖液糖/炭酸、カラメル色素、香料、酸味料、カフェイン

■栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー46kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物11.4g、食塩相当量0g

■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別): 500mlPET/140円

■販売地域: 全国

■発売日:2019年9月16日(月・祝)

<記事化協力>

日本コカ・コーラ株式会社

(梓川みいな)

おたくま経済新聞

「コカ・コーラ」をもっと詳しく

「コカ・コーラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ