心霊・UFO・スナッフビデオ…検索できない闇の「ダークウェブ」を徹底検証!山口敏太郎氏が恐怖のネットエリアに挑む!

9月10日(火)13時10分 tocana

 インターネットには、検索することも視聴することも出来ない暗黒の部分が存在する。


 それが【ダークウェブ】


 匿名化ソフトなどを使って接続する闇の世界には、様々な違法行為を始め・心霊動画・UFO動画・スナッフビデオなど、とても危険な動画が存在すると言われている。


 そんな世間では観ることのでてきない恐怖映像を集めたホラー・ドキュメントDVDがローソンにて好評発売中! また、9月4日からセル&レンタルもリリース決定!ナビゲーターは作家・オカルト研究家の山口敏太郎氏だ。


山口敏太郎氏

 5つのストーリーから構成された本作の見どころを紹介しよう。


●Chapter:001 幽霊の瓶詰


 ダークウェブで販売れている「幽霊の瓶詰」を購入・開封してしまったyoutuberの悲劇。


●Chapter:002 拳銃売ります


 ある男がダークwebにて拳銃を購入し、自分を虐めていたグループに復讐を果たす。その映像は隠しカメラ・ヘッドセットカメラにより撮影されていた。


●Chapter:003 インターネット番組


 web番組で「こっくりさん」を行なう3人の声優のたまご。彼女たちは何を呼び出してしまったのか?


●Chapter:004 闇の仕事


 山口氏が語るダークwebにまつわる最新都市伝説。


●Chapter:005 飛行禁止区域


 ドローンを購入した男たちが南の島に撮影旅行も兼ねてバカンスに向かう。しかし、その映像にはUFOらしき物体が映っていた……


■監督のコメント


 我々は日夜、ダークウェブという暗黒の世界に足を踏み入れ情報収集を行なっている。


 本作は我々が収集した情報と、ダークウェブに投稿されていた映像を紹介しつつ、その映像に隠された真実を紹介するものだ。この作品を世に出す際、我々は暗黒の世界【ダークウェブ】を紹介できる人物を探そうとした。というより、この作品をナビゲートできるのは作家・オカルトライターの山口敏太郎氏しかいないと考えていた。作品中でも、山口氏が心霊・オカルトとインターネットとの相性の良さを語っているが、本作のナビゲーターを務めるのに山口氏ほど適任な人物はいないのではないだろうか。正直、ダメ元でオファーをお出しした所、2つ返事で快諾して頂いた。本作での、山口氏の切れ味鋭いコメントと、豊富な知識から導き出される推察に、是非期待して頂きたい。


 Truth or Not Truth
. 真実か? 真実でないか? は貴方に任せます

tocana

「UFO」をもっと詳しく

「UFO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ