“食欲の秋”でも罪悪感なし! カラダが喜ぶケアリングフード

9月13日(金)11時0分 OVO[オーヴォ]



 グルテンアレルギー、糖尿病、高血圧にダイエット中など、家族それぞれに何らかの食事制限があると作り手は大変だ。「ケアリングフード」とは、東京・元麻布のレストラン「EPICURE(エピキュール)」のオーナーシェフである藤春幸治シェフが考案した新しい食スタイルのことで、アレルギーやベジタリアンなどいろいろな食事制限を持つ人たち全員が、同じ食卓で食べたいものをおいしく食べられるようにすることを目的としている。エムアイフードスタイル(東京)は、そのケアリングフードを取り入れた「CARING FOOD」シリーズを、運営するクイーンズ伊勢丹各店で9月12日(木)に発売した。



 シリーズで販売する食品は、一般的な米粉麺と比べて糖質を約50%カットしたグルテンフリー麺を使用したパスタや、国産黒米におからを混ぜたおからご飯を使用した「つくば鶏バジルグリルと豆腐ハンバーグ弁当」(750円)、動物性原料不使用の「3種きのこの豆乳クリームパスタ」(698円)、国産大豆を100%使用した「大豆ミートハンバーグと豆乳シチューコロッケ弁当」(880円)、動物性原料不使用、グルテンフリーの麺・ソースを使用した「グリル野菜と大豆ミートのボロネーゼ」など。もちろん、食事制限はないけれど健康志向な人にもぴったりだ!

 CARING FOODの販売店は、北浦和店・小石川店・国分寺店・笹塚店・品川店・石神井公園店・白金高輪店・新高円寺店・杉並桃井店・仙川店・藤沢店・武蔵境店・目白店・本八幡店。

OVO[オーヴォ]

「食欲」をもっと詳しく

「食欲」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ