IT×ものづくりの祭典「ワンダーメイクフェス」11/9・10

9月13日(金)14時45分 リセマム

ワンダーメイクフェス

写真を拡大

LITALICOワンダーは2019年11月9日と10日の2日間、子どもによるプログラミングやロボット製作の作品発表会「ワンダーメイクフェス6」を日本科学未来館で開催する。入場無料・入退場自由。

 「ワンダーメイクフェス」は、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」の開校当初より、子どもたちと社会との接点を増やすことを目的とした通塾生の作品発表会として開催しているイベント。2019年2月に開催した「ワンダーメイクフェス5」では2日間で約9,000名が来場し、約700名の子どもたちが発表を行った。6回目の開催を迎える今回は、2日間で来場者1万人以上、発表者800名以上を見込んでいるという。

 「ワンダーメイクフェス6」では、「発表を見て、学ぶ」「自分で体験する」の2つを柱に、通塾生だけでなく一般来場の親子も参加して楽しめるプログラムを多数用意している。「発表を見て、学ぶ」プログラムでは、通塾生の年長から高校生約800名以上が自身の作品を「プレゼン発表」「ブース出展」「ポスター展示」「オンライン発表」の中から自分に合った方法で発表。プロのエンジニアやデザイナーによる作品審査やフィードバックも実施する。

 「自分で体験してみる」プログラムでは、ITやものづくり関連企業、スクールによる展示やワークショップを多数展開予定。テクノロジーゾーンでは子ども向けのSTEM教材や最新のガジェット・ツールをいち早く体験することができる。ワンダーゾーンでは、PCやタブレット端末を使ったプログラミングのプチ体験や、初めてプログラミングに触れる子どもたちでも楽しめるコンテンツを多数用意。プログラミングやロボットの習い事を検討している保護者や、学校への導入を検討している教育関係者からの相談や疑問も受け付ける。

 当日は混雑が予想されるため、事前に入場申込みをするとスムーズに来場できる。入場申込みは、ワンダーメイクフェス特設サイトにて受け付けている。

◆ワンダーメイクフェス6
日時:2019年11月9日(土)〜10日(日)10:00〜17:30(9:30開場)※1日のみの参加可
会場:日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
入場料:無料 ※日本科学未来館の常設展・企画展を見学する場合は別途入場料が必要
申込方法:ワンダーメイクフェス特設サイトにて必要事項を記入のうえ申し込む

リセマム

「2019年」をもっと詳しく

「2019年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ