氣志團・綾小路翔の誤算 停電続く千葉県のためライヴを予定通り開催すると発表し批判が殺到! 「敵だ」との声も

9月13日(金)15時13分 TABLO

この投稿をInstagramで見る

氣志團万博2019にご来場のみんなへ、綾小路 翔からのお願い】 氣志團万博2019開催に際して、ご来場下さるみんな、特に県外からお越しになるみんなにお願いがあります。 台風15号の影響により、現在会場近辺の一部地域のスーパーやコンビニなどの量販店において、物流の乱れが発生し、商品が過度に不足していることから、該当地域にお住まいの方々に配慮し、現地では氣志團万博会場内・ホテル以外では飲食物をなるべく買わないよう、ご協力して欲しいんです。 ただ、状況によっては、この数日間営業が出来ず、寧ろウェルカム!というお店もあるかも知れません。その場合も、当然地元の方最優先で、更には食材の状況なんかも伺った上で、もしタイミングが良かったら応援を兼ねてお邪魔しましょう。俺もそうするつもりです。(いや、やっぱやめた方がいいのかな?うーん、ここ難しいね…) 尚、会場内では、美味しいお食事をご用意して待っています。地元の飲食店の皆様も多数参加してくれています。是非みんなで食べて、飲んで、我が故郷を盛り上げてくれたら幸いです。 会場付近のガソリンスタンドは、地元の方の車両で大変混雑してます。お車でお越しのみんなは、各々の出発地でフルタン給油して来て下さい。 また渋滞を発生させないよう、時間には余裕をもって行動して頂ければと思います。 信号機が点灯していない可能性もあるので、くれぐれも事故を起こさぬよう、超絶安全運転を心掛けて下さい。 徒歩で移動するみんなは、夜道が暗く足元が見えづらい可能性があるので、懐中電灯の持参を推奨してます。+サイリウムorペンライトで更に安全にね☆ また、徒歩・自転車でお越しになる場合の道順は、HPに掲載されているアクセス通りに!(住宅地のショートカットはご遠慮願うよ!) 場内で発生したごみは場内のゴミ箱へ捨ててお帰り下さい。そして、退場後に発生したごみは必ずお持ち帰りいただきます様、ご協力のほど何卒ヨロシクお願いします。ごみのポイ捨てなど、会場付近にお住まいの方々のご迷惑になることは絶対にやめて欲しいんだ。どんなにちっぽけな物でも。そんでもって大声出すのは思う存分会場のみでね。頼むね! また、会場内で募金活動も行う予定です。 みんなの優しい気持ち、俺が必ず、責任を持って届けます。もしほんのり余裕があったら、氣志團に協力してやって下さい。もちろん俺も参加します。 それと物資の寄付ですが、各自治体にお話を伺っているところです。それぞれ状況が違ったり、時期によっても変わるそうで、場所や場合によっては大量の備蓄となり、却ってご迷惑となってしまう可能性もあるとのこと。なので、今のところ、氣志團万博では募金に絞ろうと思っています。要請があった際はまた改めてご相談させて下さい。色々と善意のご意見をくれたみんな、本当にありがとうね。 日本一のアーティスト達が集まる氣志團万博。 そんな彼ら彼女らを愛するみんなも日本一のファン。 みんなの温かいご協力、どうか、どうか4649お願い申し上げます! 最高の2日間にしよう! 氣志團万博主宰 綾小路 翔より #氣志團 #氣志團万博 #氣志團万博2019 #房総ロックンロール最高びんびん物語 #袖ケ浦海浜公園 #リハーサル開始しています #音は最小です #ご出演者 #ご来場者 #みんな俺の大切な仲間達 #絶対に恥かかせません #絶対に顔に泥塗りません #お越し下さる皆さん #俺を見極めて下さい #まだ悩んでいる皆さん #もし #もしも #良かったら #14日遊びに来て下さい #そこで伝えられる事があると確信を持っています

綾小路 翔さん(@showayanocozey)がシェアした投稿 –

氣志團・綾小路翔氏が、台風15号の影響でいまだ停電や断水の被害のある千葉県で「氣志團万博」を予定通り開催することを発表し非難が殺到しています。今も不安な生活を送る現地の人たちからも「袖ケ浦市に来ないでください」「氣志團が敵になりました」と拒絶されている様子でした。

11日、綾小路氏は自身のインスタグラムを更新し『台風15号で被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます』とコメント。続けて『我々はロックンローラー。こんな時だからこそ、音楽での支援に準ずる次第です』と、14日・15日に千葉県袖ケ浦海浜公園で行われる音楽フェスティバル「氣志團万博2019 〜房総ロックンロール最高びんびん物語〜」を予定通り開催する事を報告しました。

12日には『氣志團万博2019にご来場のみんなへ、綾小路 翔からのお願い』として、現地での飲食物購入やガソリンの給油を控えることなどの協力を呼び掛けています。そして、会場内で募金活動を行うことも明かし『みんなの優しい気持ち、俺が必ず、責任を持って届けます。もしほんのり余裕があったら、氣志團に協力してやって下さい。もちろん俺も参加します』と綴っていました。

しかし、台風の影響でいまだ停電や断水の被害のある千葉県でのイベントを強行する姿勢に非難が殺到します。そして、今も不安な生活を送る現地の人たちからも苦言が相次ぎ、

「袖ヶ浦市在住です。今でも停電中。朝から食料と氷を求めてお店を巡っているような状況です。その中、何万人の人がくるのはゾッとしますね。現地の辛さは現地の人にしかわからないのでしょうか」

「お願いします。 袖ケ浦市に来ないでください。袖ケ浦市含め近隣市は復旧の目処も立たず、電気や水のない中で4日目の夜を過ごしています。ここは被災地です。私たちの生活を気持ちを無視しないでください」

「木更津付近に住んでいるです。未だに家は停電しています。家の周りの信号はついていません。そんな状況でライブをする必要はあるのでしょうか? 停電が続いている中無理やり開催して叩かれる氣志團の皆さんの姿を見ることが我々住民が一番見たくない姿です。どうか考え直していただけませんか?」

「会場近くに住んでる者です。地元民はほぼ全ての人が今やる必要ないと判断してます。地元民からしたら今やられても煽られてるようにしか感じません。むしろイベントに電気を使う余裕があるなら停電している方に電気を回してもらいたいです」

「氣志團万博行く予定でしたが、家のあるうちの地域だけ断水と停電が続いてるし、行く気力が無くなってしまいました。ガソリンスタンド3軒も探し回って、毎日自宅と給水所や避難所を往復して疲れて疲労が最高潮です」

「停電で身内が運ばれ危篤です。氣志團大好きだったのに氣志團が敵になりました」

「地元の千葉県からの参戦が、どこより厳しいのに、強行している意味が分からないよ…氣志團万博大好きなフェスだったのに、大嫌いになりそうです」

といったコメントが寄せられています。

こうして現地の人たちから拒絶反応が出ている中でも「氣志團万博」を強行開催する姿勢に、いまだ非難や疑問の声が収まっていません。(文◎絹田たぬき)※タイトル画像はCD『万謡集』より

TABLO

「氣志團」をもっと詳しく

「氣志團」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ