千葉へ物資を運ぶ紗栄子 引退して巨額の金を手にした千葉出身の元カレ・前澤友作氏と対照的な行動が絶賛

9月13日(金)16時39分 TABLO

9月12日にZOZOTOWNの前社長・前澤友作さん(43)がインターネットの大手・ヤフーのTOB(株式公開買い付け)に応じ、社長を退任することを発表し世間を騒がせました。

当日、前澤さんは都内で記者会見を開き、社員などについて質問が飛ぶと涙を見せる場面も。また、途中からはサプライズゲストでヤフーを傘下に従えるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長もサプライズゲストも参加。前澤さんが「ZOZOを引退して新しい人生を送りたい」「彼女(剛力彩芽さん)とゆっくり過ごしたい」と言っていたことを明かすなどし、こちらも話題となっています。

そんな中、前澤さんの元恋人として知られるタレントの紗栄子さん(32)の“ある行い”が素晴らしいとして、世間から賞賛を浴びています。

紗栄子さんは11日、自身のインスタグラムを更新し、先日の台風で大雨による冠水被害に遭った佐賀県にボランティアに赴いたことをフォロワーに報告。冠水被害当時の現場と現在の現場の写真を掲載し「沢山の場所に水とともに油が流れ込んだみたいで復旧にはまだまだ時間がかかりそうでした」と綴っていました。

連日のボランティア活動をインスタグラムにて報告

この投稿をInstagramで見る

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿 –

また、紗栄子さんは12日、インスタグラムにて千葉県の被害写真と共にファンから教えられたという千葉の過酷な現状を報告。「いま千葉で起きている現状に唖然としております」「個人で出来ることは微々たる力ですが、私も自分にできることを探して動きたいと思います」と宣言。そして同日、インスタグラムにて「ただ今、千葉県鋸南町に物資を届けに行って参りました」と早くも千葉県に物資を運んだことを報告。

「鋸南小学校で物資の受付をされており、今必要とされているものはお水などの飲料水、大人用と子供用のおむつ、トイレットぺーパーや体拭きシートなどと伺いました」「役所のかたにお話を伺った際には保存がきく食料のほうが助かりますとのこと」と現地で聞いた有益な情報をシェアしたり、「今回伺った鋸南町は、高速も、高速を降りてからも道が混むこともなく、都内から車で1時間半ほどで到着いたしました」と具体的な物資を届ける場所やルートを紹介していました。

この紗栄子さんの行動力やリサーチ力、発信力に感銘を受けた人は多かったようで、ネットでは「紗栄子は届けるだけじゃなくて、情報も細かくのせてくれるよね」「さえこ頑張れ!!! いつもありがとう 熊本の時もありがとう」「行動しててえらいなぁ」「素直に尊敬します」「ずっと続けていることがすごい‼︎」「こういう発信力のある人たちが行動して発信してくれるのはものすごく大事」といった賞賛の声が続出していました。

「千葉といえばかつての恋人・前澤さんの地元。前澤さんの退任の件が全国的にニュースになっている中、このタイミングで現地に赴くのは紗栄子さん的にややこしい部分もあったかとは思うのですが、それでも行ってしまう男気と優しさには感心してしまいますね。それに比べて前澤さんに関しては、ただでさえ千葉の台風被害状況のニュースが流れにくいという状況の中、退任発表のタイミングをもう少し考えたほうが良かったのでは…と思ってしまいます」(芸能事務所勤務)

かつての恋人同士は、今やまったく別の道を歩んでいるようです。(文◎小池ロンポワン)

TABLO

「千葉」をもっと詳しく

「千葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ