打ち合わせが長すぎる”迷惑芸能人”3人を関係者が暴露! 大物司会者、嫌味も多く、苦痛…

9月11日(水)8時0分 tocana

画像は「getty images」より引用

 テレビで放送される番組は収録もしくは生放送によってオンエアされているが、どのような形であれ本番前には必ず打ち合わせがおこなわれる。特に司会者との打ち合わせは緻密におこなわれることも多いというが、そんな中でも打ち合わせがとにかく長くてスタッフが迷惑しているMCもいるという。


 果たしてどんなMCがどれほど長い打ち合わせをおこなっているのか。関係者の話を聞いた。


「打ち合わせが短い人は1分で終わることもあります。たとえば松本人志さんなんかはほぼ打ち合わせなしで2時間特番などにも挑みます。一方で長い人もいますが、自分が知っている中で一番長いのは関口宏さんですね」(テレビ局関係者)


 良くも悪くも様々な噂がある関口宏だが、なぜ打ち合わせは長いのか。


「打ち合わせというよりもあら捜しをするための時間なんです。会議室に入ってきて最初に『さぁ今日はどんなミスがあるのかな』って嫌味で言うくらいですから」(同)


 これはなかなか面倒なタイプだ。


「台本も一語一句見て誤字脱字をチェックしますし、スタッフの言葉遣いも日本語が間違っていればそこを突いてきまあす。しかも、そのたびに説教が始まるのでスムーズに進めば15分で終わるものが余裕で数時間かかります」(同)


 誤字脱字や言葉間違いなどには細心の注意を払っているらしいが、それでも何かを見つけるために血眼だというから面倒だ。


画像は「getty images」より引用

 続いてはあのお笑い怪獣の名前が挙がった。


明石家さんまさんは業界全体でも打ち合わせの長さが有名です。とにかく話が脱線しまくるんです。本当なら5分ほどで終わる打ち合わせが1時間かかるレベルですね。ただ、話が面白いので長さを感じずみんな楽しく過ごしています。でもスタジオ収録が遅れるのでADなどは迷惑そうな顔をしています」(テレビ番組制作スタッフ)


 面白い話が長いなら我慢はできるだろうが実害のあるスタッフにとってみれば冷や汗ものだろう。


 最後は大物司会者の名前が出てきた。


みのもんたさんは打ち合わせが長いですよ。理由は話を聞いていないからです」(テレビ局スタッフ)


 話を聞いていないとはどういうことなのか。


「打ち合わせの場所には来ますし、資料にも目を通してくれるんですが、頭の中でたぶん全く別のことを考えているんですよね。だからスタッフが必死に内容の説明をしても何も記憶に残っていないんです。どうしても理解してもらわないと収録できないこともあるので何度も同じ説明を繰り返して、結果として打ち合わせが2時間以上かかることもあります。真面目に聞いてくれたら30分かからないレベルなんですけどね」(同)


 話をしてもまったく覚えてもらえないのはスタッフにとって苦痛だろう。しかし、本人からはこんな言葉が出てきたこともあるらしい。


「みのさんのせいで打ち合わせが長くなっているんですが、みのさんからスタッフには『この番組は打ち合わせが長い』という苦情が入ったことがあるんです。さすがに反論しませんでしたが、本人に気付いてほしいですね」(同)


 これは可哀想としか言いようがない。


 打ち合わせが早ければ良いとは言わないが無駄に長い打ち合わせや会議ほど苦痛なものはない。サラリーマンやビジネスマンなら理解できる話だろう。

(文=吉沢ひかる)

tocana

「司会者」をもっと詳しく

「司会者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ