彼氏の浮気はどこからがクロ?気になるボーダーラインを紹介!

9月14日(土)20時0分 ハウコレ





気になる彼氏の浮気。どこからが浮気なのか、彼女としては気になるところですよね。
学生さんなら部活やゼミ、バイトで男女のグループで行動することも多く、浮気のボーダーラインが曖昧になってしまうことも。
浮気の基準は人それぞれです。人によっては、ハグはNGでもキスはOKということもあります。まずは自分の中の基準を定めてみませんか。ここが曖昧だと、自分自身も迷ってばかりの日々になります。同時に浮気を許す基準も定めておくと、精神的にもいいですよ。
浮気は信頼関係を崩し、究極的には健全な心身や財産をも脅かすものです。「たかが浮気」と思わず、彼氏に浮気をされた際に自分はどのような行動を取るべきかを考えておきたいものです。


■彼氏が浮気しているかも?見抜くサインとテクニック





自分の中の浮気の基準が定まったら、彼氏の浮気のサインを見極めましょう。サインどころか、分かりやすく浮気を白状するような言動をする彼氏もいます。
たとえば、「どこからが浮気?」と聞いてくる彼氏。これは《許される基準》を探っている質問です。この時点で浮気する気満々だととらえて間違いありません。既に浮気をしてしまっている可能性も。
この問いに対する模範的な返事は、「なんで?」です。これに対する返事で、彼を信用できるかどうかを見極めましょう。筆者の経験上、「どこからが浮気?」と質問をする男性で浮気をしなかった人はひとりもいません。
ほかにもサインはありますので、ご参考に。男性の場合、とてもわかりやすく浮気を隠す行動をしています。

■連絡の取れない時間が増えた

大きな理由なく連絡が取れない時間が増えたなら、浮気かあなたに飽きているかのどちらかです。あなた以外に大切なものがあるからこそ、あなたが連絡をしても返してくれないのです。
その対象があなた以外の女性なのか、仕事や勉強なのかは確かめないとわかりません。わからないものの、連絡が取れない現状はとても不安で不快であると、彼氏に伝える必要があります。伝えた上で、彼氏がどのような行動を取るかを見てください。

■スマホのガードが固い

浮気でなくとも隠し事がある彼氏は、スマホのガードが固くなります。あなたのみならず、周囲に対する信頼が薄れているからこそ、情報の塊であるスマホをガードするのです。
ですが、もし彼氏がスマホをガードし始めたとしても、ここで「私のこと、信頼してないの?」と聞いてはいけません。
これを尋ねたとしても、まず正直には答えてくれません。あなたにできることは、スマホをガードし始めた時期の確認です。それが浮気を始めた時期ですから。



■デートを断られるなど会えない日が増えた

学生さんなら、テスト期間などで会えない日が長期間になることもあるでしょう。しかし、さほど大きな理由がなく会えない日が続くなら、浮気を疑う余地はあります。
この場合、浮気うんぬん以上に問題なのは、「会えない理由を伝えられていないこと」です。付き合っているなら、彼女を信頼し自分の情報を公開して当たり前です。それができないのですから、既に信頼関係は崩れているともいえます。

■「私に話さないといけないことあるでしょ?」とカマをかける

別れる覚悟があるなら、「私に話さないといけないことあるでしょ?」とカマをかけるのもアリです。


なぜ、別れる覚悟が必要なのかというと、この質問をしたとしても改心する男性はほぼいないからです。逆ギレをするか、いままで以上にコソコソと浮気を重ねるだけです。
このワザが通用するのは、結婚歴10年以上経った夫婦ぐらいです。彼氏の生活の中に自分の存在が徹底的に食い込んでいないと、このワザは使えません。生活基盤を共にするぐらいの付き合いなら、試す価値はあります。



■浮気モノのドラマや映画など一緒に見る

浮気予防にも効くのが、浮気モノのドラマや映画を一緒に見ることです。浮気をした人のきっかけや気持ちもわかりますし、感想を言い合うことで彼氏の《浮気に対する価値観》もわかります。
ここで注意したいのは、彼氏をけん制したいがあまり、浮気モノの作品ばかりを一緒に見ない点です。これをするとあなた自身が浮気に興味アリと思われ、逆に疑われることになります。ですから、ここぞという時に取っておきたいワザです。


■彼氏の浮気はどこからがアウト?



浮気の基準は人それぞれ。以下に挙げたものは、浮気だと感じるものが多いパターンです。あなたの基準はどこからが浮気ですか?

■手を繋いで街を歩く

若いカップルの「どこからが浮気?」に多いのが、手を繋いで街を歩くというものです。深い肉体関係がない場合、彼氏が自分以外と手を繋ぐことにも嫌悪感を抱きます。また若いカップルの場合、独占欲が強い反面、気が変わりやすいことも多いため、大人から見ると些細なことが浮気と感じることもあります。



■ディープキスをする

お酒を飲み始めた大学生カップルの「どこからが浮気?」に多い、酔った勢いでディープキス。その場のノリや酔って前後不覚になっている場合もあり、一概に継続した浮気とはいえないものです。状況を確かめてから、彼氏を責めるようにしましょう。軽率ではありますけどね。



■長い時間抱き合う

長時間抱き合うことだけなら、許容範囲かも知れません。ですが、それで終わらないのが人間によくあることで。抱き合った後にどのような展開になるかは、想像にたやすいものではないでしょうか。抱き合うだけで引き返せる男性はまれでしょう。



■ふたりで旅行へ行く

筆者が個人的に一番許せないのは「ふたりで旅行に行く」です。


お金と時間を浮気相手につぎ込む行為で、なおかつ肉体関係もあるであろうと予想されるからです。こそこそ隠れて浮気相手と思い出を作りたいなら、今後は堂々とできるようこっちから別れを切り出してやりましょう。






■密会している

彼女には内緒で女性とふたりきりで会うことも、浮気だと捉える人もいます。嫌な人は嫌でしょうが、彼氏から事情を聞かないと見えてこない部分もあります。これを浮気認定するなら、彼氏から聞き取りの上、周囲からも証言を集めることが必要です。

■ラブホテルへ入っていく

ラブホテルはそういうことをする場所ですから、そういうことをしていると認定されるのです。いくら口で「中でビデオを見ていただけ」と言い訳してきても、入っただけでアウトではないでしょうか。



■自分が浮気と感じたらアウト

愛されたい系女子がよく口にする「自分が浮気だと感じたらアウト」。こう考えている人は、彼が好きなのか彼氏がいる自分が好きなのかを、一度じっくり考えてみてください。
このタイプは浮気の基準のみならず、さまざまな基準がその時々の気分で変わってしまうので、付き合っている彼氏からすると振り回される一方で疲労ばかりが募っていきます。


■浮気かも?と思ったら調査してみよう





浮気の証拠集めをするなら、決してバレないようにしないといけません。


たとえ、彼がクロであったとしても、身のまわりを嗅ぎまわられることは気持ちのいいものではないからです。ですから、調査がバレると浮気がシロでも、彼の愛情はマイナスまで冷え込んでしまいます。これを理解してから調査を始めてください。
そして、調査したものは必ず書面に残し、だれが見てもわかる状態にしておくことも大切です。そうでないと調査をする意味はありません。自分の記憶だけに留めておくだけにすると、逆に彼から疑われた際などに反論する根拠がありません。これが怖いのです。自身の身の潔白を証明するためにも、証拠は書面にしておきましょう。
冷静に彼氏との関係を見つめ直すためにも、書面にしたものを読むのは有効です。

■つじつまが合っているかチェックする

彼の言動に矛盾がないか記録をつけるのは、証拠集めの第一歩です。日記で構わないので、記録しておきましょう。ただし、SNSには投稿しないように。名誉棄損になる危険性があります。




バレないように追いかけてみる

ニブい彼氏相手なら、あとをつけるのもアリです。ですが、追いかけている間に「私、なにやっているんだろ・・・」と我に返ることもあります。もし我に返ったとしても、それまでの記録はちゃんと残しておきましょうね。





■彼の友人にも協力してもらう

彼氏の友人に協力してもらい、情報収集するのもアリです。アリですが、その友人との浮気を疑われないようにしなくてはいけません。さらに、彼氏と友人の友情にもヒビが入ることになりますので、恨まれる確率は高くなります。


■まとめ





浮気は信頼関係を壊す行為です。おたがいにオンリーワンだという口約束が付き合うということですから、それを破ることになりますよね。彼氏の浮気に対し厳しい態度を取るのは、信頼関係を崩したくないという意思表明でもあります。
もし、この意思表明を「厳しいから嫌だ」という彼氏なら、いくら好きでも長い付き合いは難しいと考えたほうがいいでしょう。それは彼氏から「ずっと甘えていたい」という宣言です。これが我が子なら可愛いでしょうが、彼氏は恋が冷めるとただの生き物に過ぎません。
あなたの彼氏になりえる人は、いまの彼氏だけではありませんよ。誠実な人は必ずいますから、浮気には厳しい態度で臨んでください。あなたが素敵な恋をできるよう応援しています。(ふじかわ陽子/ライター)


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「浮気」をもっと詳しく

「浮気」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ